春キャベツの鳴門巻き しらすソース

春キャベツの鳴門巻き しらすソース

料理名 春キャベツの鳴門巻き しらすソース
番組名 NHKきょうの料理
料理人 舘野鏡子
放送局 NHK
放送日 2019年3月5日(火)

 

コメント

キャベツのおいしさを引き出す料理を舘野鏡子さんが紹介。ここでは、「春キャベツの鳴門巻き しらすソース」の作り方になります。短時間ゆでて流水にさらしたキャベツは、シャキシャキと歯ごたえ抜群!しらすソースをたっぷりかけていただきます。

春キャベツの鳴門巻き しらすソースの材料(2~3人分)

 

春キャベツ(外側の大きい部分) 4枚(200g)
わかめ(塩蔵) 30~40g
しらすソース(つくりやすい分量)
しらす干し 30g
にんにく(薄切り) 1かけ分
オリーブ油 大さじ2
みりん 大さじ1
うす口しょうゆ 小さじ1/2
小さじ1/4
こしょう 少々
レモン(くし形に切る) 適量
●塩

 

 

春キャベツの鳴門巻き しらすソースの作り方

1.しらすソースを作ります。

耐熱容器にしらすソースのしらす干し(30g)・にんにく(薄切り 1かけ分)・オリーブ油(大さじ2)・みりん(大さじ1)・うす口しょうゆ(小さじ1/2)・塩(小さじ1/4)・こしょう(少々)をすべて入れ、ふたをのせるかラップをし、鍋に入れます。

容器の高さの半分くらいまで水を注ぎ、中火で沸騰させます。

煮立ったら鍋のふたをして弱火にし、13~15分間静かに熱します。

 

 

 

2.火を止めて容器のふたをそっと取ります。中身がフツフツと動いていたら完全に火が通っています。粗熱が取れたら湯から取り出します。

 

 

 

3.わかめ(塩蔵 30~40g)は塩を洗い流し、たっぷりの水に4~5分間つけて戻し、水けを絞ります。

春キャベツ(外側の大きい部分 4枚(200g))は軸の堅い部分を除き、縦半分に切ります。

 

 

 

4.鍋にたっぷりの湯を沸かし、キャベツを約30秒間ゆでます。水にとって流水で手早く冷まします。

同じ湯を煮立て、わかめをサッと湯通しして水にとります。流水で冷まして水けを絞り、10~12cm長さに切ります。

 

 

 

5.キャベツの水けを絞り、まな板に2枚を少し重なるように並べ、その上にもう2枚を重ね、軽く塩をふります。

わかめの半量を横長にのせ、手前から巻きます。残りも同様に重ねて巻きます。

2cm幅に切って器に盛り、2のソース適量をかけてレモン(くし形に切る 適量)を添えます。

 

●残ったしらすソースは、冷蔵庫で1週間ほど保存可能。

このページの先頭へ