くりの甘露煮

くりの甘露煮

 

料理名 くりの甘露煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 柳原一成
放送局 NHK
放送日 2019年9月17日(火)

 

コメント

ぜひ挑戦したい絶品くり料理2品を柳原一成さんが紹介。ここでは「くりの甘露煮」の作り方になります。くり本来の味わいを生かした、やさしい甘みとホクホク感。これは手づくりならではのおいしさです。煮詰めずゆっくり味を含ませるので、くりが堅くなりません。

くりの甘露煮の材料(つくりやすい分量)

 

くり 500g
みょうばん水 カップ3
くちなしの実 2コ
A
カップ3と1/2
砂糖 200g
●塩

 

 

くりの甘露煮の作り方

1.くり(500g)は皮をむき、みょうばん水(カップ3)につけてアクを抜きます。

くちなしの実(2コ)は半分に切ります。

 

 

 

2.1のくりは洗って水けをきり、鍋に入れ、かぶるくらいの水とくちなしの実を加えて中火にかけます。

静かに沸く程度の火加減で約20分間、竹串が軽く刺さるくらい柔らかくなるまでゆでます。

 

 

 

3.鍋を火から下ろして流水を注ぎ、手が入る温度になったら、くりの表面をやさしく洗って水けをきります。

 

 

 

4.鍋をきれいにしてAの水(カップ3と1/2)・砂糖(200g)の水を中火で沸かし、砂糖(200g)を加えて混ぜます。

砂糖が溶けたらくりを加えます。

 

 

 

5.紙タオル(不織布タイプ)などで落しぶたをし、グラグラ沸かないように中火で10分間ほど煮ます。

 

 

 

6.塩少々を加え、再び落としぶたをし、火を止めて粗熱を取ります。

汁ごと清潔な容器に入れてラップをぴったりとかぶせ、常温に2日間おいて甘みを含ませます。

●保存:3日目以降は冷蔵庫へ。1~2週間保存可能。

このページの先頭へ