いかのあぶりカルパッチョ

いかのあぶりカルパッチョ

料理名 いかのあぶりカルパッチョ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 中江義行
放送局 NHK
放送日 2018年5月23日(水)

 

コメント

47都道府県の新しい郷土料理をプロデュースするシリーズ。今回は佐賀県の料理を紹介。ここでは、「いかのあぶりカルパッチョ」の作り方になります。呼子のイカに、旬の新たまねぎを組み合わせました。いかの甘みが引き立ち、ソースに加えたかんきつ類の酸味が味を引き締めます。

いかのあぶりカルパッチョの材料(2人分)

 

いか(胴/刺身用) 1ぱい(約200g)
山芋 120g
新たまねぎ 1/2コ(約100g)
A
レモン汁 小さじ2
うす口しょうゆ 小さじ1
1つまみ
こしょう 少々
豆苗(ザク切り) 適量
●オリーブ油・塩

 

 

いかのあぶりカルパッチョの作り方

1.オニオンソースを作ります。

たまねぎ全体にオリーブ油少々をふり、塩2つまみをふってラップで包み、水分が出るまで電子レンジ(600W)に5~6分間かけます。

熱いうちに粗みじんに切ってボウルに移し、Aのレモン汁(小さじ2)・うす口しょうゆ(小さじ1)・塩(1つまみ)・こしょう(少々)を加えて混ぜます。

オリーブ油大さじ2を少しずつ加えながら混ぜ合わせます。

 

 

 

2.いか(胴/刺身用 1ぱい(約200g))は縦半分に切り、表面に斜めに2mm幅の切り目を入れます。

表面加工のしてあるフライパンを強火で熱し、切り目を入れた側を下にして並べ、10秒間焼いて取り出します。

切り目を反対方面に包丁を入れ、薄いそぎ切りにします。

 

 

 

3.山芋(120g)はひげの部分を包丁などで切り、きれいに洗ってすりおろし、塩1つまみをふります。

フライパンにオリーブ油少々を入れて中火で熱し、スプーンで一口大の量の山芋を取り分けながら並べます。

こんがりと焼けたら裏返し、残りも同様に焼きます。

 

 

 

4.3を皿に並べて2のいかをのせ、1のオニオンソースを少量残して回しかけます。

オニオンソースに豆苗(ザク切り 適量)を加えてあえ、いかに散らします。

ぶりの人気レシピ

第1位

ふっくらやわらかになる!ブリの照り焼き

ふっくらやわらかになる!ブリの照り焼き

えっ!?と思うやり方ですが、ぜひ試してみてください。 ブリ特有の臭みもなく、ふっくら柔らかく仕上がります♪

第2位

冷めてもやわらか美味しいって!ぶりの照り焼き

冷めてもやわらか美味しいって!ぶりの照り焼き

冬が旬だねぇ 冷めてもやわらか美味しい ブリ照りの焼き方はこれに限る 口内炎がある時は「刺さる」らしい

第3位

定番おかず ぶり大根

定番おかず ぶり大根

お魚は骨の近くや血合いが栄養があっておいしいんですよね。でも娘たちは苦手なので全部私のところに集まります。母は栄養満点!

第4位

ぶり大根【圧力鍋】味がしみて美味しい◎

ぶり大根【圧力鍋】味がしみて美味しい◎

圧力鍋を使って短時間に完成。味がしみてて、凄い美味しいですよ★

このページの先頭へ