最新レシピをお知らせします

こちらにご登録ください。
最新レシピをメールでお知らせいたします。

※ご登録後メールが送信されます
※osarai-kitchen.comからのメール受信を許可してください


鯛の姿揚げ ピリ辛チリソース

鯛の姿揚げ ピリ辛チリソース

 

料理名 鯛の姿揚げ ピリ辛チリソース
番組名 NHKあさイチ
コーナー ハレトケキッチン
料理人 山野辺仁
放送局 NHK
放送日 2019年11月12日(火)

 

コメント

今回のNHKあさイチ「ハレトケキッチン」は、TOKIOのリーダー城島茂さんをゲストに「旬の鯛の絶品料理」を紹介。ここでは、中国料理・山野辺仁さんによる「鯛の姿揚げ ピリ辛チリソース」の作り方になります。丸ごと揚げた「鯛の姿揚げ」をチリソースでいただく豪快な中国料理です。

鯛の姿揚げ ピリ辛チリソースの材料(作りやすい分量)

 

たい 1匹
かたくり粉 適量
揚げ油(今回は米油を使用) 適量
A
大さじ4
小さじ1と1/2
こしょう 適量
チリソース
大さじ3
豆板醤(トウバンジャン) 大さじ1
にんにく(みじん切り) 1かけ分
しょうが(みじん切り) 小さじ1
豆鼓(トーチ/みじん切り) 大さじ1
干ししいたけ(水で戻す/5ミリ角) 2枚分
B
180ml
酒・しょうゆ・砂糖 各大さじ3
セロリの茎(5ミリ角) 1本分
ねぎ(みじん切り) 1本分
黒酢 大さじ1
水溶きかたくり粉 大さじ4
細ねぎ(小口切り) 6本分
適量
ラー油 少々

 

 

鯛の姿揚げ ピリ辛チリソースの作り方

1、たい(1匹)はウロコを引き、頭を落とします。内臓をとり、3枚おろしにする要領で、中骨に沿って尾びれの手前まで刃を入れ、尾は残します。

尾のつけ根で、この中骨を切り落とします。

腹骨をそぎとります。残った小骨を、骨抜きで抜きます。

2、身に格子状の切り目を入れます。

身を横長に置き、繊維を断ち切るように、幅1cmほどの間隔で、斜めに刃を入れます。

その後、身を縦長に置き、縦方向に幅1cmほどの間隔で刃を入れます。

※切り目は、皮まで届くほど(皮を傷つけない程度)。

3、Aの酒(大さじ4)・塩(小さじ1と1/2)・こしょう(適量)を混ぜ、(1)の頭と(2)にかけて10分ほどおきます。

 

4、ペーパータオルで(3)の水分をとり、かたくり粉(適量)を全体にまぶし、余分な粉を落とします。

※かたくり粉は、たいの切り目の奥までまんべんなくつくようにまぶします。

 

5、揚げ油(今回は米油(大3)を使用 適量)を180度に熱します。たいの頭を口が上になるように鍋に入れ頭を揚げます。

玉じゃくしで油(適量)をすくい、上からかけながら4分ほど揚げます。

表面がきつね色になり、浮いてきたら油から上げます。

 

6、再び揚げ油を180度に熱します。

尾を身の間にくぐらせてねじり、尾びれと身の端を持って、身を下にして油に入れます。

20秒ほどたったら、油の中に落とし、表面がきつね色になるまで3分から3分半ほどたいの身を揚げます。

 

7、チリソースを作ります。

中華鍋を熱し、油(大さじ3)、豆板醤(トウバンジャン 大1)を入れ、中火で炒め、香りが立ったら、にんにく(みじん切り 1かけ分)、しょうが(みじん切り 小1)、豆鼓(トーチ/みじん切り 大1)、干ししいたけ(水で戻す/5ミリ角 2枚分)を順に加えて、軽く炒めます。

 

8、(7)の鍋にBの水(180ml)・酒・しょうゆ・砂糖(各大さじ3)を入れます。

沸騰したら、セロリ、ねぎ(みじん切り 1本分)、黒酢(大1)を加え、ひとまぜし、水とかたくり粉の割合が1対1の水溶きかたくり粉(大さじ4)でとろみをつけます。

 

9、細ねぎ(小口切り 6本分)、油、ラー油(少々)を順に加えて、混ぜます。

 

10、器にたいを盛り、チリソースをかけます。

 

 

鯛の人気レシピ

第1位

鯛のフライ~カリカリ梅と大葉のしらすおろし乗せ

鯛のフライ~カリカリ梅と大葉のしらすおろし乗せ

暑い季節には、冷たくサッパリとした「しらすおろし」が食べたくなりますよね。今回、噂の東京マガジ ・・・

第2位

鯛とズッキーニのカルパッチョ

鯛とズッキーニのカルパッチョ

ズッキーニはしくこくなく、ディルもいいです。カルパッチョがサラダっぽく食べられる、夏にはうって ・・・

第3位

金目鯛の煮付け

金目鯛の煮付け

脂ののった金目鯛は、さっと10分ほどで仕上げるのがおいしさのコツ。たっぷりの煮汁を張っていただ ・・・

第4位

中華風鯛めし

中華風鯛めし

鯛めしを中華風にした「中華風鯛めし」の作り方になります。下味をつけたご飯と鯛を5分ほど蒸し焼き ・・・

鯛の姿揚げ ピリ辛チリソース

このページの先頭へ