カリフラワーごはん

カリフラワーごはん

カリフラワーごはん

料理名 カリフラワーごはん
番組名 NHKあさイチ
コーナー 夢の3シェフNEO
料理人 橋本幹造
放送局 NHK
放送日 2016年2月9日(火)

 

カリフラワーをご飯と合わせて

冬が旬の「カリフラワー」を使って、3シェフNEOのシェフが、カリフラワーをいかした和洋中の絶品レシピを紹介。ここでは、和食の「カリフラワーごはん」の作り方になります。梅干しを加えて、塩味と酸味の効いたカリフラワーの甘味を際立たせます。カリフラワーの小房を余熱で火を通し、カリフラワーの歯ごたえを残すところもポイント!コリコリとした歯ごたえがクセになる新感覚のごはんです。

カリフラワーごはんの材料(2人分)

 

カリフラワー 300g
梅干し(大) 1コ
大さじ2
米(浸水させる) 300ml
300ml

 

 

カリフラワーごはんの作り方

1.カリフラワー(300g)の茎と房を切り分け、房は小房に分けて、茎は乱切りにする。

カリフラワーごはん2.土鍋に、洗って浸水(300ml)させた米(浸水させる 300ml)を入れる。水、酒(大2)、1の乱切りにした茎を入れる。

土鍋をふたをせず強火にかける。沸騰したら、全体をかき混ぜ、梅干し(大 1コ)を入れ、フタをして、弱火で6分加熱する。

※カリフラワーの色と味わいをいかすため、だしではなく水で炊く。

※カリフラワーに酒のうまみを加える。

※全体をかき混ぜることで、炊きむらを防ぐことが出来る。

※梅干しの塩味と酸味が、カリフラワーの甘味を際立たせる。

カリフラワーごはん3.火を止め、1のカリフラワーの小房を土鍋に入れ、10分蒸らす。

※余熱で火を通すことで、カリフラワーの歯ごたえを残す。

カリフラワーごはん4.梅干しの種を取り、梅肉を全体になじませて、カリフラワーごはんの完成。

カリフラワーの人気レシピ

第1位

カリフラワーのゆで方

カリフラワーのゆで方

【料理の基本】 カリフラワーのゆで方をご紹介します。 サラダや温野菜、ピクルスなどに。 「白色」の野菜が入ることでお料理がおしゃれになりますね。

第2位

カリフラワーとベーコンのマヨチーズ焼き

カリフラワーとベーコンのマヨチーズ焼き

ベーコンがいいアクセントになってます

第3位

マヨカリ♪♪こんなに美味しいとは~

マヨカリ♪♪こんなに美味しいとは~

超簡単でウマウマですッッ

第4位

カリフラワーと茹で卵のサラダ

カリフラワーと茹で卵のサラダ

カリフラワーを美味しく食べられるサラダです。

このページの先頭へ