タチウオのカボスバターソテー

タチウオのカボスバターソテー

料理名 タチウオのカボスバターソテー
番組名 ノンストップ!
コーナー 坂本昌行のOne Dish
料理人 坂本昌行
放送局 フジテレビ
放送日 2018年9月21日(金)

 

コメント

ノンストップ!坂本昌行のOne Dishのコーナーでは、坂本昌行さんが「タチウオのカボスバターソテー」の作り方を紹介おすすめしていました。旬の脂ののったタチウオを、バターが香ばしいソテーに。おなじみのレモンバターをカボスにチェンジします。さわやかな酸味があとをひきます。

タチウオのカボスバターソテーの材料(2人分)

 

タチウオ 2切れ
カボス 1個
ジャガイモ(メークイーン) 1個
ニンジン 40g
小麦粉 適量
バター 30g
塩、コショウ(黒) 各適量
ニンニク(みじん切り) 1かけ

 

 

タチウオのカボスバターソテーの作り方

1.カボス(1個)は皮を千切りにし、汁を絞ります。

 

 

 

2.ジャガイモ(メークイーン 1個)とニンジン(40g)は、5mm厚さの輪切りにします。

 

 

 

3.タチウオ(2切れ)は両面の皮目に包丁で細かく切り目を入れます。

両面に塩をふり、1のカボスの絞り汁の半量をかけて10分おきます。

水分を除き、小麦粉(適量)をまぶします。

 

 

 

4.フライパンにバター10gを溶かし、3と2を並べ、フタをして5分ほど焼きます。

焼き色がついたら表裏を返し、再びフタをしてさらに3分ほど焼きます。

 

 

 

5.別のフライパンに残りのバター(20g)とニンニク(みじん切り 1かけ)を入れて弱火で加熱します。

香りが立ったら、1のカボスの皮を残りの絞り汁を加えます。

 

 

 

6.4の味を塩、コショウ(黒)でととのえて器に盛り合わせ、5をかけます。

このページの先頭へ