カボチャの照り焼き

カボチャの照り焼き

料理名 カボチャの照り焼き
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
放送局 テレビ朝日
放送日 2018年10月15日(月)

 

コメント

「たっぷり緑黄色野菜」というテーマで、「カボチャの照り焼き」の作り方の紹介です。「昔ながらのかぼちゃの煮物は砂糖をたくさん入れますが、少量の砂糖とバターでこんなにおいしくなるんですね。さやいんげんのコリコリした食感もちょうどいい。かぼちゃといいコンビです。」と上沼恵美子さん。

カボチャの照り焼きの材料(2人分)

 

かぼちゃ 300g
いんげん 50g
いりごま(白) 適量
ベビーリーフ 適量
適量
たれ
大さじ3と1/3
みりん 大さじ2
砂糖 小さじ1/2
しょうゆ 大さじ1
バター 5g

 

 

カボチャの照り焼きの作り方

1、かぼちゃ(300g)は皮をむいて5cm長さ、1cm厚さに切り、いんげん(50g)はへたと筋を取り除きます。

 

2、フライパンに多めの油(適量)を熱し、かぼちゃを4〜5分焼きます。

 

3、別のフライパンにたれの酒(大3と1/3)、みりん(大2)、砂糖(小1/2)、しょうゆ(大1)、バター(5g)を入れて照りが出るまで火にかけます。

 

4、(2)にいんげんを加えてサッと火を通し、余分な油をふき、(3)のたれの酒(大さじ3と1/3)・みりん(大さじ2)・砂糖(小さじ1/2)・しょうゆ(大さじ1)・バター(5g)にかぼちゃ、いんげんを加えて手早くからめます。

 

5、器にベビーリーフ(適量)を敷き、かぼちゃ、いんげんを盛って、いりごま(白 適量)を散らします。

 

このページの先頭へ