鶏むね棒と春野菜の塩炒め

スポンサーリンク

鶏むね棒と春野菜の塩炒め

鶏むね棒と春野菜の塩炒め

料理名 鶏むね棒と春野菜の塩炒め
番組名 きょうの料理
料理人 松本 忠子
放送局 NHK
放送日 2016年4月5日(火)

 

鶏むね肉を春野菜と合わせて

【スティック肉のうれしいおかず】というテーマで、鶏肉を使った料理3品を紹介。ここでは、「鶏むね棒と春野菜の塩炒め」の作り方になります。鶏むね肉と野菜をスティック状にして食べやすくしました。鶏肉にはごま油も一緒にまぶし、淡泊なむね肉にコクを出します。かたくり粉で肉の表面をコーティングし、パサつきを防ぎましょう。

スポンサーリンク

鶏むね棒と春野菜の塩炒めの材料(2人分)

 

鶏むね肉 1枚(200g)
にんじん 150g
生しいたけ 5~6枚
菜の花 1/2ワ
かたくり粉 大さじ1/2
サラダ油 大さじ2
少々
こしょう 少々
下味
ごま油 大さじ1/2
小さじ1/2
こしょう 適量

 

 

鶏むね棒と春野菜の塩炒めの作り方

1、鶏むね肉(1枚(200g))は皮を取り除き、厚い部分と薄い部分とに分ける。薄い部分は繊維に沿って1cm幅に切り、スティック状にする。厚い部分も繊維に沿って1cm幅に切り、さらに厚みを半分に切って、スティック状にする。

下味のごま油(大1/2)、塩(小1/2)、こしょう(適量)をもみ込んでなじませておく。

※ごま油で風味をつける。

-

鶏むね棒と春野菜の塩炒め2、にんじん(150g)は4cm長さ、1cm幅、2mm厚さに切る。生しいたけ(5~6枚)は軸を取り除き、7~8mm幅に切る。菜の花(1/2ワ)は長さを2等分に切り、茎が太いようなら縦半分に切る。

※鶏むね肉と野菜をスティック状にして食べやすく!

-

3、1の鶏肉にかたくり粉(大1/2)をまぶす。

※鶏むね肉のパサつき防止になり、しっとりとした食感に!

-

鶏むね棒と春野菜の塩炒め4、フライパンにサラダ油(大2)を中火で熱し、3の鶏肉を炒める。

-

5、肉の色が変わったら、にんじんを加えて1~2分間炒め、しいたけ、菜の花を順に加える。

さらに2~3分間炒め、塩・こしょう(各適量)で味を調える。

-

鶏むね棒と春野菜の塩炒め6、器に盛り、鶏むね棒と春野菜の塩炒めの完成。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

春野菜の人気レシピ

第1位

ウドの下処理(茎・皮・葉)と酢味噌和え

ウドの下処理(茎・皮・葉)と酢味噌和え

山からとってきたウドは、念のため茹でて使います。 茎は酢味噌和えや味噌漬け、皮はきんぴら、葉は油炒めやてんぷらに使用できます。

第2位

重曹なしで簡単!わらびのあく抜きと保存

重曹なしで簡単!わらびのあく抜きと保存

わらびのあく抜きは、わずか15分ほどでできます。 小麦粉と塩だけで、重曹は使いません。 ひと晩浸け込む手間も要りません。

第3位

春野菜ふきの煮物

春野菜ふきの煮物

冷ました煮汁にふきを漬け込み、味を含ませたさわやかな春色のお惣菜です。

第4位

お弁当にも使える ふきの煮物

お弁当にも使える ふきの煮物

長くてチョット忙しい時には苦手な食材のひとつかも知れませんが、やる気になればチャチャッと出来上がる嬉しい美味しい一品です。

このページの先頭へ