カキフライ

スポンサーリンク

カキフライ

料理名 カキフライ
番組名 NHKあさイチ
コーナー スゴ技Q
料理人 関口智幸
放送局 NHK
放送日 2017年1月31日(火)

 

サクサク!ふっくらジューシーに

「これからが食べ頃!カキ料理決定版」というテーマでNHKあさイチでは、カキ料理を紹介していました。ここでは「カキフライ」の作り方をになります。塩水でやさしく洗ってバッター液の衣で、サクサク!ふっくらジューシーに仕上げます。

スポンサーリンク

カキフライの材料(作りやすい分量)

 

カキのむき身 12コ
小麦粉 適量
生パン粉 適量
バッター液
1個
小麦粉 大さじ2
大さじ1/2
水1リットルに対して30g(大さじ2)
適量

 

 

カキフライの作り方

1、カキのむき身(12コ)を塩水濃度3%の塩水で洗います(水1リットルに対して30g(大2))。

※水で洗うと浸透圧のため、水分を吸収して身ぶくれします。

-

2、カキの表面をキッチンペーパーなどで丁寧にふきます。

-

3、卵(1個)、小麦粉(大2)を混ぜ合わせ、最後に水(大1/2)でゆるめてバッター液を作ります。

-

4、カキに小麦粉(適量)、3のバッター液、生パン粉(適量)の順に衣をつけます。

カキフライ

※小麦粉、バッター液はしっかり付ける。

※パン粉をつけたら絶対に押さえつけない。

-

5、175度の油(適量)で2分半~3分揚げます。

-

6、揚げたあと数分おいて器に盛り、カキフライの完成。

カキフライ

※衣をつけてしっかり余熱調理をすることで、厚生労働省が推奨しているカキを安全に食べるための加熱基準「中心温度85度~90度で90秒以上」もクリアできます。

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

フライの人気レシピ

第1位

ふわふわ*えびカツ♪(FP不要)

ふわふわ*えびカツ♪(FP不要)

フードプロセッサー不要! 冷凍のむきえびで簡単おいしいえびカツです♪ パンにはさんだり、お弁当のおかずにもどうぞ♪

第2位

簡単ころもでサクサクめかじきフライ♪

簡単ころもでサクサクめかじきフライ♪

卵がなくてもしっかりした衣に仕上がります。 海老フライとかでも大丈夫です!! お好みでタルタルソースをたっぷりかけて 、パンにはさんでも美味しいよ~♪

第3位

カジュアルフレンチ風★ブリのカリカリ香草パン粉揚げ

カジュアルフレンチ風★ブリのカリカリ香草パン粉揚げ

ブリの洋風アレンジメニュー♡ ネギの白ワイン炒めを下に置き、ブリと一緒にお召し上がり下さい。

第4位

新玉葱と魚肉ソーで☆串カツ

新玉葱と魚肉ソーで☆串カツ

プランター菜園で収穫した玉葱と魚肉ソーセージの串カツ。チョッと高級な魚肉ソーを使いましたが違うne~!←実はカニアレルギーの為。

このページの先頭へ