海鮮中華粥

スポンサーリンク

海鮮中華粥

海鮮中華粥

料理名 海鮮中華粥
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 宮崎耕一
ゲスト 不破万作
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年12月16日(水)

 

本格的な味をご家庭で

ヘルシークッキング~風邪に負けないというテーマで、本格的な味をご家庭で「海鮮中華粥」の作り方の紹介。生姜に含まれる辛味成分で体を温めましょう。「粉がつおがいいですね。熱々でご馳走です。たいもやわらかい。こしょうが効いてるのがいいです。こしょうが全体をまとめてくれてます。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

海鮮中華粥の材料(2人分)

 

ご飯 300g
2リットル
生ゆば 1枚(40g)
ほたて貝柱の水煮 1缶(70g)
粉がつお 小さじ1/2
たい(刺身) 80g
青ねぎ 2本
しょうが 15g
香菜(シャンツァイ) 適量
適量
こしょう 適量
ごま油 適量
(たいの下味)
小さじ1/4
小さじ1/2
片栗粉 小さじ1/2
ごま油 少量

 

 

海鮮中華粥の作り方

1、生ゆば(1枚(40g))は食べやすい大きさに切り、ほたて貝柱の水煮はほぐす。

-

海鮮中華粥2、ご飯(300g)は水で洗ってザルに上げ、水(2リットル)を煮立てたところに加え、再び煮立ったら、生ゆば、粉がつお(小1/2)、ほたてを加え、中火で30分煮る(でき上がりは最初の半量を目安にする)。

※ご飯が常に踊る状態の火加減にする。

-

3、青ねぎ(2本)は斜め細切りにし、しょうが(15g)は細切りにし、一緒に水にくぐらせて水分を取り、小皿に盛る。

-

4、たい(刺身 80g)にたいの下味の塩(小1/4)、酒(小1/2)を混ぜ、片栗粉(小1/2)、ごま油(少量)で下味をつける。

-

海鮮中華粥5、(2)にたいを入れて火を止め、塩(適量)で薄く味をつける。

※たいの身は余熱で火を通す。

-

海鮮中華粥6、器に(5)を盛り、(3)と香菜(シャンツァイ 適量)、塩、こしょう(各適量)、ごま油(適量)を添えて、海鮮中華粥の完成。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ