太巻きずし

太巻きずし

料理名 太巻きずし
番組名 NHKきょうの料理
放送局 NHK
放送日 2019年2月28日(木)

 

コメント

俳優の藤岡弘、さんが今回は千葉・南房総で海と山の幸を紹介。ここでは、「太巻きずし」の作り方になります。さざんかがモチーフの華やかなごちそうずし。冠婚葬祭や寄り合いのときのごちそうとして受け継がれてきたハレの料理です。巻き方を工夫して金太郎あめのように切り口のが特徴。

太巻きずしの材料(つくりやすい分量)

 

すし飯 550g
卵焼き
5コ
砂糖 大さじ2
塩・酒 各少々
花の中心の卵焼き
1コ
砂糖・塩・酒 各少々
でんぷ 25g
焼きのり(全形) 2枚
菜の花 100g
かんぴょう(味つき) 50g
サラダ油 適量

 

 

太巻きずしの作り方

1.ボウルに卵焼きの卵(5コ)・砂糖(大さじ2)・塩・酒(各少々)を混ぜ合わせます。

サラダ油(適量)を熱した卵焼き器(縦24×横20cmのもの/または直径28cmのフライパン)に流し入れ、両面焼き色がつき、火が通るまで焼きます。

花の中心用の卵焼きを作ります。

卵(1コ)、砂糖・塩・酒(各少々)を混ぜ、サラダ油(適量)を熱した卵焼き器で細長く焼きます。

 

 

 

 

2.すし飯(550g)を用意します。すし飯250gは温かいうちにでんぷ(25g)を混ぜ、ピンクの寿司飯を作ります。

焼きのり1枚は縦4等分に切り、もう1枚は縦1/4と3/4に切り分けます。

菜の花(100g)は塩ゆでして水にとり、水けを絞ります。

 

 

 

3.花びらになる細巻きを作ります。

縦1/4に切ったのり5切れそれぞれに、2のピンクの寿司飯を1/5ずつ広げます。

ラップを敷いた巻きすで、のりの端と端が少しあくように巻きます。

 

 

 

4.1の花の中心用の卵焼きを、3の花びらの細巻き5本で囲み、ラップを敷いた巻きすで巻きます。

 

 

 

5.巻きすの上にラップを敷き、1の大きい卵焼きをのせます。

手前から、白い寿司飯50gの細長い山を3つ並べます。

奥のあいている部分に白い寿司飯150gを広げます。

手前の山に、2の3/4に切ったのりを軽くじゃばらに折ってのせます。

のりの溝に手前から2の菜の花の半量、かんぴょう(味つき 50g)、残りの菜の花を置き、その奥に4を置いてギュッと巻きます。

好みの大きさに切り分けて器に盛ります。

このページの先頭へ