夏野菜の焼きびたし

夏野菜の焼きびたし

料理名 夏野菜の焼きびたし
番組名 NHKきょうの料理
料理人 ワタナベマキ
放送局 NHK
放送日 2019年6月3日(月)

 

コメント

ここでは、「青梅のりんご酢漬けの酢」を使って「夏野菜の焼きびたし」の作り方になります。青梅の風味が夏野菜とよく合います。りんご酢の酸味と油のコクがきいた、蒸し暑い時季にうれしいおかずです。

夏野菜の焼きびたしの材料(3~4人分)

 

なす 3コ(240g)
赤ピーマン 3コ(120g)
ししとうがらし 12本
青じそ(せん切り) 4枚分
A
だし カップ1
青梅のりんご酢漬けの酢 80ml
しょうゆ 大さじ2
小さじ1/4
●ごま油

 

 

夏野菜の焼きびたしの作り方

1.なす(3コ(240g))はヘタを除いて縦半分に切り、皮に斜めに細かく切り目を入れます。水にサッとさらして水けをきります。

赤ピーマン(3コ(120g))はヘタと種を除いて縦に2cm幅に切ります。

ししとうがらし(12本)は軸を切り、切り目を1本入れます。

Aのだし(カップ1)・青梅のりんご酢漬けの酢(80ml)・しょうゆ(大さじ2)・塩(小さじ1/4)は混ぜ合わせておきます。

 

 

 

2.フライパンにごま油を1.5cm深さまで入れ、中火にかけます。

1の野菜を加え、赤ピーマンとししとうは少ししんなりとしたら取り出し、油をきってAに浸けます。なすは時々上下を返しながら3~4分間揚げ焼きにしてしっかりと火を通し、油をきってAに浸けます。

 

 

3.5分間ほどおいて味がなじんだら器に盛り、青じそ(せん切り 4枚分)をのせます。

このページの先頭へ