キャラメルバナナのシフォンサンド

キャラメルバナナのシフォンサンド

料理名 キャラメルバナナのシフォンサンド
番組名 NHKきょうの料理
料理人 なかしましほ
放送局 NHK
放送日 2019年7月9日(火)

 

コメント

なかしまさんの代表作といえば、シフォンケーキ。ふんわり、もっちりした生地に、柔らかなクリームと果物をはさんだ「キャラメルバナナのシフォンサンド」の作り方になります。お店でも大人気のシフォンケーキです。

キャラメルバナナのシフォンサンドの材料(直径17cmのシフォン型1台分/8切れ分)

 

シフォンケーキ
(L)3コ(Mサイズの場合は4コ)
きび糖 70g
ごま油(白) 25g
無調整豆乳 40ml
薄力粉 70g
バニラビーンズ 1/4本
キャラメルバナナ
バナナ(1cm厚さの輪切り) 2本分
生クリーム カップ1/2
きび糖 50g
大さじ1
A
生クリーム カップ1/2
きび糖 15g

 

 

キャラメルバナナのシフォンサンドの作り方

作る前にしておくこと

・オーブンは170℃に温めておきます。

・バニラビーンズ(1/4本)はさやから種を出します。

・卵((L)3コ(Mサイズの場合は4コ))は卵黄と卵白に分けてそれぞれボウルに入れておきます。

・生クリーム(カップ1/2)は常温に戻しておきます。

 

1.卵黄にバニラビーンズ、きび糖(70g)の1/3量を入れ、泡立て器ですり混ぜ、白っぽくなるまでなじませます。

 

 

 

2.ごま油(白 25g)を加え、しっかりと混ぜ合わせます。

無調整豆乳(40ml)を加え、なじませるように混ぜます。

薄力粉(70g)をふるいながら加え、ダマがなくなるまでしっかり混ぜます。

 

 

 

3.卵白のボウルの底を氷水にあて、ハンドミキサーで泡立てます。

全体が白っぽくふんわりとしてきたら残りのきび糖の1/2量を加えて混ぜ、しっかりなじんだら、残りのきび糖を加えてさらに泡立てます。泡のきめが細かくなりつやが出て、ハンドミキサーを持ち上げたとき、しっかりツノが立つまで泡立てます。

 

 

4.2の卵黄生地に3のメレンゲをひとすくい加え、泡立て器でしっかり混ぜます。

 

 

 

5.4を3のメレンゲのボウルに一気に流し入れ、泡立て器で底からすくい上げるよう、泡を消さないよう手早く混ぜます。

ゴムべらに持ちかえて生地を混ぜて整え、むらがなくなってツヤツヤとしたカスタードクリームのような堅さになればOK。

 

 

6.生地を型に流し入れ、ゴムべらの先で平らにならします。一度上からトンと台に落とし、空気を抜きます。170℃に温めたオーブンで30分間焼きます。

 

 

 

7.焼き上がったらすぐにワインの空き瓶などに型ごと逆さにして挿し、冷まします。シフォンサンドを作ります。直前までは型から外さず、冷めたらラップをかけて冷蔵庫で冷やしておきます。

 

 

 

8.ナイフを側面の型と生地の間に差し込み、ナイフを型に沿わせて一周させます。中心も同様にナイフを一周させ、側面の型を外し、最後に底板と生地の間にナイフを入れて、型から外します。

 

 

9.小鍋にきび糖(50g)と水(大1)を入れてへらで混ぜ、中火にかけます。

時々揺すりながらしっかり茶色に色づくまで焦がし、火を止め、生クリーム(カップ1/2)を加えてへらで混ぜます(やけどに注意する)。

バナナ(1cm厚さの輪切り 2本分)を加えてサッと混ぜ、冷まします。

 

 

10.Aの生クリーム(カップ1/2)・きび糖(15g)を合わせて柔らかく泡立てます。

 

 

11.シフォンケーキを8等分に切り分け、中央に縦に切り目を入れます。

10のクリームをのせ、キャラメルバナナをはさみます。

このページの先頭へ