たらと切り漬けの煮物

たらと切り漬けの煮物

料理名 たらと切り漬けの煮物
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2018年12月13日(木)

 

コメント

大原千鶴さんが「おいしいもと」を手作り。今回は、「白菜と大根の切り漬け」を作っていろいろな料理を紹介。ここでは、「たらと切り漬けの煮物」の作り方になります。酸味が増して古漬けになった切り漬けは、煮物に加えても最高です。魚のくせを抑え、風味よく仕上げてくれます。漬けて5日目以降の酸味が増したものがおすすめです。

たらと切り漬けの煮物の材料(2人分)

 

たら(切り身) 2切れ(130~150g)
白菜と大根の切り漬け (水けを絞らずに)100g
A
にんにく(すりおろす) 少々
粉とうがらし(中びき) 小さじ1/4
青ねぎ(小口切り) 少々
●塩・酒

 

 

たらと切り漬けの煮物の作り方

1.たら(切り身 2切れ(130~150g))は塩少々をふって10分間おき、水けを拭きます。

 

 

 

2.鍋に水カップ1/4、酒大さじ1を入れて中火にかけます。

沸いたら、Aのにんにく(すりおろす 少々)・粉とうがらし(中びき 小さじ1/4)と1のたらを入れます。

 

※ニンニクや粉唐辛子が、たらのくせを抑え、切り漬けの酸味ともよく合う。

 

 

3.たらの上に白菜と大根の切り漬け((水けを絞らずに)100g)をのせます。

再び沸いたらふたをして火を弱め、3分間煮ます。

●白菜と大根の切り漬けは、漬けて5日目以降の酸味が増したもの。
「白菜と大根の切り漬け」=>レシピ参照

 

4.器に盛って煮汁をかけ、青ねぎ(小口切り 少々)をのせます。

このページの先頭へ