春のニース風サラダ

春のニース風サラダ

料理名 春のニース風サラダ
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 荻野伸也
放送局 NHK
放送日 2019年3月27日(水)

 

コメント

春の和食&フレンチということで、ここでは、「春のニース風サラダ」の作り方になります。ニース風サラダの定番は、じゃがいも、トマト、いんげんですが、新じゃがとアスパラガスで春らしく仕上げました。ツナ缶で手軽にできるドレッシングも後を引くおいしさです。

春のニース風サラダの材料(2人分)

 

新じゃがいも (小)2コ(120g)
さやいんげん 10本(60g)
グリーンアスパラガス 2~3本(約100g)
トマト 1/2コ(80g)
1コ
ドレッシング
ツナ(缶詰/油漬け) 40g
A
オリーブ油 大さじ1と1/3
レモン汁 大さじ1
にんにく(すりおろす) 小さじ1/2
少々
こしょう 少々
[常備品]塩

 

 

春のニース風サラダの作り方

1.小さめの鍋に卵(1コ)を入れ、かぶるくらいの水を注いで強火にかけます。

煮立ったら弱めの中火にして約10分間ゆでます。

冷水にとって冷まし、殻をむきます。

 

 

 

2.新じゃがいも((小)2コ(120g))はよく洗って芽を取り、皮付きのまま一口大に切ります。

さやいんげん(10本(60g))はヘタを除きます。

グリーンアスパラガス(2~3本(約100g))は根元を切り落とし、ピーラーで堅い部分の皮をむき、一口大の斜め切りにします。

トマト(1/2コ(80g))はヘタを取り、一口大に切ります。

 

 

 

3.鍋にじゃがいもを入れてかぶるくらいの水と塩少々を加えます。

中火にかけ、柔らかくなるまで10~15分間ほどゆで、ざるに上げます。

 

 

 

4.別の鍋に湯を沸かし、いんげんを3分間ほどゆで、引き上げます。

同じ湯でアスパラガスを1分間ほどゆで、ざるに上げます。

 

 

 

5.ボウルに1のゆで卵を入れ、ポリ袋をはめた手で細かくつぶします。

 

 

 

6.別の小さなボウルにドレッシングのツナ(缶詰/油漬け 40g)の缶汁をきって入れ、Aのオリーブ油(大さじ1と1/3)・レモン汁(大さじ1)・にんにく(すりおろす 小さじ1/2)・塩(少々)・こしょう(少々)を加えてよく混ぜ合わせます。

 

 

 

7.大きめのボウルに3、4、トマトを入れ、6を加えてざっとあえます。

器に盛り、5を散らします。

このページの先頭へ