ガッテン流!お赤飯

ガッテン流!お赤飯

料理名 ガッテン流!お赤飯
番組名 ためしてガッテン
放送局 NHK
放送日 2021年10月20日(水)

 

コメント

ためしてガッテンでは、「ガッテン流!お赤飯」の作り方をご紹介。フライパン&アルミホイルを使ってわずか20分の加熱で、「せいろ蒸し」に近いモチモチとした仕上がりになります。

ガッテン流!お赤飯の材料(2~3人分)

 

もち米 2合
豆の煮汁(ささげ、もしくは小豆) 300ml
煮た豆(ささげ、もしくは小豆) 50~60g程度(お好みの量)

※市販されている赤飯用の小豆の缶詰を使用しても結構です。

ガッテン流!お赤飯の作り方

●下準備

もち米(2合)は、軽く洗い(2~3回程度)、ザルにあげ30分置いておきます。
=>もち米をザルにあげて、しばらく置いておくことで、ヒビが入ります。その後、もち米を加熱しながら、一気に豆の煮汁を吸わせることで、素早く芯まで浸透。また余計な水が吸収されないため、豆の味も濃く、粒が立った仕上がりに。

  1. フライパンに、ザルあげしておいたもち米(2合)と、煮汁(ささげ、もしくは小豆 300ml)を入れ、強火にかけます。
  2. フライパンのフチから泡が出てきたら、ヘラで「の」の字を書くように、ゆっくり混ぜます。
  3. フライパンの真ん中で一直線にヘラを動かしたとき、底が見え始めたら最弱火に。
    もち米をヘラで平らにならし、煮た豆(ささげ、もしくは小豆 50~60g程度(お好みの量))を振り入れたら、アルミホイルを巻いたフタをします。
    ※もち米を平らにならしますと、仕上がりのムラがなくなります。
  4. そのまま最弱火で、17~18分ほど加熱し、フタをあけます。最初に火をつけてから、トータル20分が加熱時間の目安です。
    ※水分が飛びきっていなかったら、フタをあけたまま、さらに1分程度、加熱してください。
  5. 底のおこげの面を残し、バットや平たい皿に広げ、あら熱をとったらできあがり。
    ※バットや皿を斜めに傾けうちわであおぐと、よりモチモチ感が増すのでおすすめです。

番組で紹介された他のレシピ

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

ページの先頭へ