揚げさんまとごぼうのおろし添え

揚げさんまとごぼうのおろし添え

料理名 揚げさんまとごぼうのおろし添え
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 石原 洋子
放送局 日本テレビ
放送日 2018年10月11日(木)

 

コメント

「揚げさんまとごぼうのおろし添え」の作り方のご紹介です。

揚げさんまとごぼうのおろし添えの材料(4人分)

 

さんま 4尾(540~600g)
(酒、しょうゆ各大さじ1)
ごぼう 1本(150g)
大根 300g
青ねぎ 1本
酢じょうゆ
大さじ1
しょうゆ 大さじ2
砂糖 小さじ1
●片栗粉、油

 

 

揚げさんまとごぼうのおろし添えの作り方

1、さんま(4尾(540~600g))は頭と尾を切り落とし、長さを3等分に切り(筒切り)、腹ワタを除きます。

きれいに水洗いして、水気をふき、酒としょうゆ(各大さじ1)を混ぜ合わせたものに10分ほどつけておきます。

 

2、大根(300g)はすりおろし、ザルに上げて軽く水気をきります。

青ねぎ(1本)は小口切りにします。

酢じょうゆの下記材料を混ぜておきます。

酢 大さじ1
しょうゆ 大さじ2
砂糖 小さじ1

 

3、ごぼう(1本(150g))は皮をタワシでこすって洗い、5~6cm長さに切り、縦4~6等分に切ります。

揚げる直前に水気をふいて片栗粉をまぶします。

 

4、揚げ油を170℃に熱し、(3)のごぼうを入れてカリッとするまで5分ほど揚げて取り出します。

 

5、続けて(1)のさんまの汁気をふいて片栗粉を薄くまぶし、カラリとするまで3~4分揚げて取り出します。

熱いうちに頭があったほうから中骨を抜きます。

 

6、器に(5)のさんま、(4)のごぼうを盛り、(2)の大根おろしと青ねぎを添え、おろしに酢じょうゆをかけます。

 

 

 

さんまの人気レシピ

第1位

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で煮るので、骨まで食べれます! お魚の栄養+カルシウムも採れます(*^^*) ご飯が進む一品です。

第2位

ご飯が進みますよ☆ぜっぴん秋刀魚の甘辛揚げ煮

ご飯が進みますよ☆ぜっぴん秋刀魚の甘辛揚げ煮

ほんとにご飯が進みます。いくらでも食べられる勢いのスーパーおかずです。

第3位

骨までやわらか★ほろほろ!秋刀魚の筒煮

骨までやわらか★ほろほろ!秋刀魚の筒煮

焼き魚が一番だけど、たまにはこんなのも。 骨までほろほろです。

第4位

ご飯がすすむ☆冷めてもおいしいサンマの蒲焼

ご飯がすすむ☆冷めてもおいしいサンマの蒲焼

ご飯がすすむおかずです。 冷めてもおいしいのでお弁当にもGOOD!

このページの先頭へ