世界で2番目においしいラザニア

スポンサーリンク

世界で2番目においしいラザニア

世界で2番目においしいラザニア

料理名 世界で2番目においしいラザニア
番組名 NHKきょうの料理
料理人 飯塚宏子
放送局 NHK
放送日 2017年1月18日(水)

 

2種類のソースとチーズのコクがたまらない

谷原章介のTimeless Kitchenのシリーズより、飯塚宏子さんのお宅では「大みそかのパーティーで必ずつくる」というラザニアを紹介。ローマでの隣人・アドリアーナさんから教わった「世界で2番目においしいラザニア」の作り方になります。パスタ、ミートソース、ホワイトソース、チーズ、ゆで卵を何層にも重ね、オーブンで焼きあげます。パリパリに焼けた上のパスタが食感のアクセント!

スポンサーリンク

世界で2番目においしいラザニアの材料(25×35cmのグラタン皿1コ・10~12人分)

 

ラザニア用パスタ 10~12枚
ミートソース
牛ひき肉(赤身) 600g
にんにく(薄切り) 2かけ分
にんじん(すりおろす) 1/2本分
セロリ(長さを2等分にする) 1本分
たまねぎ(根を残してくし形に切る) 1コ分
トマト水煮(缶詰/ホールタイプ) 4缶(1.6kg)
赤ワイン カップ1
ローリエ 1枚
ホワイトソース
バター 30g
オリーブオイル 大さじ2
小麦粉 50g
牛乳 カップ3
ナツメグ(粉末) 少々
ゆで卵(薄切り) 4コ分
モッツァレラチーズ(一口大にちぎる) 300g
パルメザンチーズ(すりおろす) カップ1/2
●オリーブ油・塩・こしょう・バター

 

 

世界で2番目においしいラザニアの作り方

1.ラザニア用パスタ(10~12枚)は1枚ずつゆでます。

-

2.ミートソースを作ります。鍋にオリーブ油(大2)を中火で熱し、にんにく(薄切り 2かけ分)、にんじん(すりおろす 1/2本分)、セロリ(長さを2等分にする 1本分)、たまねぎ(根を残してくし形に切る 1コ分)を入れて炒めます。牛ひき肉(赤身 600g)を加え、色が変わるまで炒めます。

世界で2番目においしいラザニア

-

3.2にトマト水煮(缶詰/ホールタイプ 4缶(1.6kg))を缶汁ごと加えて木べらでつぶし、赤ワイン(カップ1)、ローリエ(1枚)を加えて煮ます。煮立ったら中火にし、時々混ぜながら半量になるまで煮詰めます。セロリ、たまねぎ、ローリエを取り出し、塩・こしょう(各適量)で味を調えます。

-

4.ホワイトソースを作ります。鍋にバター(30g)、オリーブ油(大2)を熱し、小麦粉(50g)を加えて弱火でよく炒めます。粉っぽさがなくなったら牛乳(カップ3)をカップ1ずつ加えて泡立て器で混ぜます。なめらかなとろみがついたらナツメグ(粉末 少々)と塩・こしょう(各少々)で味を調えます。

-

5.グラタン皿にバター(少々)を塗り、1のパスタを底に縦1列に並べます。パスタの両端が皿から5~7cmほどはみ出すようにします。上にミートソースを大さじ6程度、たっぷり敷き詰め、その上にパスタを横1列に並べます。次にホワイトソースを大さじ5程度、たっぷり敷き詰めます。

世界で2番目においしいラザニア

-

さらにパスタを縦1列に並べ、ゆで卵(薄切り 4コ分)、モッツァレラチーズ(一口大にちぎる 300g)、パルメザンチーズ(すりおろす カップ1/2)の各適量を散らします。容器がいっぱいになるまで繰り返し、最後にミートソース、ゆで卵、モッツァレラチーズ、パルメザンチーズをのせます。

世界で2番目においしいラザニア

 

-

6.はみだしたパスタを中に折り込みます。台の上に軽く落として空気を抜く。240℃に温めたオーブンで20分間、焼き色がついてフツフツとするまで焼きます。

世界で2番目においしいラザニア

-

7.取り出して、世界で2番目においしいラザニアの完成。

世界で2番目においしいラザニア


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ