ゆでささ身の梅だれ

スポンサーリンク

ゆでささ身の梅だれ

ゆでささ身の梅だれ

料理名 ゆでささ身の梅だれ
番組名 きょうの料理ビギナーズ
 監修 大庭英子
放送局 NHK
放送日 2014年6月24日(火)

つるりとした口あたりが、魅力的な一品

鶏のささ身と梅ダレがとても合います。オクラと合わせて盛り付け、彩りよくしましょう。あと一品という副菜に重宝な暑いに夏にピッタリの一品です。

スポンサーリンク

ゆでささ身の梅だれの材料(2人分)

鶏ささ身 大4本200g
オクラ 8本
小さじ1/2
片栗粉 適量
(梅ダレ)
梅干し 2個
大さじ2
しょう油 少々
1、梅ダレを作る

ゆでささ身の梅だれ梅干し(2個)は種を取り除き、包丁でたたき細かくします。

ボウルに叩いた梅干し、水(大2)、しょう油(少々)を加え混ぜ合わせておきます。

2、オクラを茹でる

ゆでささ身の梅だれオクラ(8本)はガクの部分を薄くむき、水でさっとぬらして塩(小)をまぶします。

 

 

 

 

 

ゆでささ身の梅だれたっぷりの熱湯に、オクラを塩つきのまま中火で約1分間茹でて、冷水にとり冷まします。

水気をふいて食べやすい大きさに切りましょう。

3、ささ身を茹でる

ゆでささ身の梅だれ鶏ささ身(大4本200g)は白い筋がある場合は取り除きます。

※筋の端をつまみ包丁の刃を筋と身の間にあてて、筋を左右に振りながら引くようにするとよいでしょう

 

 

 

ゆでささ身の梅だれ厚さ8mmのそぎ切りにします。

片栗粉(適量)を薄くまぶし、軽くはたいておきます。

4、ささ身を茹でて仕上げる

ゆでささ身の梅だれたっぷりの熱湯に3のささ身を一切れずつ入れ、中火でさっと1分茹でます。

※茹で過ぎると、衣が剥がれジューシーさも失われるので注意しましょう

お湯から引き上げ、冷水にとったらザルにあげます。

器に4の鶏ささ身、2のオクラを盛り、1の梅ダレを上からかけて完成です。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

梅の人気レシピ

第1位

ビニール袋で☆さしす梅干し

ビニール袋で☆さしす梅干し

優しい酸味の梅干し、さ(砂糖)し(塩)す(酢)梅、ビニール袋で漬けてみました。梅酢はドレッシングや酢の物、甘酢漬け等に活用、縁起物の申年梅干しとして漬けました。

第2位

りんごのお酢で梅シロップ・梅ジュースに♪

りんごのお酢で梅シロップ・梅ジュースに♪

疲労回復に梅のクエン酸が効きます。漬け込んで約2週間ほどで飲み頃になってきます。ヨーグルトにかけたり、炭酸水などで4倍に割って飲みます。

第3位

固い青梅を使って~カリカリ砂糖漬け~

固い青梅を使って~カリカリ砂糖漬け~

とにかく新鮮な固い青梅を使ってください。梅酒用の白加賀、古城梅など皮の固い品種の方が良いと思います。冷蔵庫に保存しておくとカリカリ冷暗所だと柔らかめに。

第4位

青梅の甘煮・甘露煮。ちょっと手間だけど絶品!

青梅の甘煮・甘露煮。ちょっと手間だけど絶品!

青梅を時間をかけて、シロップを含ませます。時間はかかるけど、甘酸っぱくてやわらかい甘露煮は絶品ですよ!1ヶ月くらいおいて真夏の暑いときに食べるのも美味♪

このページの先頭へ