野菜たっぷりのミネストローネ

野菜たっぷりのミネストローネ

料理名 野菜たっぷりのミネストローネ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 笹島保弘
放送局 NHK
放送日 2018年8月15日(水)

 

コメント

野菜たっぷりの「つくりおき」料理を紹介。ここでは、「野菜たっぷりのミネストローネ」の作り方になります。野菜のうまみが凝縮され、コクと甘みが際立つおいしさ。なすとピーマンをプラスしても。この基本のミネストローネをミキサーにかけて「サンドイッチ」や「冷製スープ」にもアレンジが可能です。

野菜たっぷりのミネストローネの材料(4人分)

 

基本のミネストローネ
じゃがいも 3コ(350g)
たまねぎ 2コ(250g)
にんじん 1本(150g)
トマト 2コ(300g)
ベーコン(塊) 200g
大豆の水煮(缶詰) 150g
A
昆布だし カップ2と1/2
顆粒チキンスープの素(洋風) 10g
夏野菜のトッピング(2人分)
なす 1コ(80g)
ピーマン 1コ(35g)
エクストラバージンオリーブ油 適量
●塩

 

 

野菜たっぷりのミネストローネの作り方

1.じゃがいも(3コ(350g))、たまねぎ(2コ(250g))、にんじん(1本(150g))は皮をむいて2~3cm角に切ります。

ベーコン(塊 200g)は2~3cm角に切ります。

トマト(2コ(300g))はヘタをくりぬく。鍋にAの昆布だし(カップ2と1/2)・顆粒チキンスープの素(洋風 10g)を沸かしてトマトを入れ、皮がむけてきたら取り出して水につけ、皮をむいて2~3cm角に切ります。

鍋のAはとっておきます。

 

 

 

2.鍋にエクストラバージンオリーブ油大さじ1を中火で熱し、ベーコンを脂が出るまでじっくり炒めます。

途中、焦げつきそうになったら水少々を加え、鍋底をこそげますようにして炒めます。

 

 

 

3.ベーコンを向こう側へ寄せ、手前にじゃがいも、たまねぎ、にんじん、大豆の水煮(缶詰 150g)を加えます。

ベーコンの脂で軽く炒め、野菜に塩1つまみをふって全体を炒め合わせます。

野菜から水分が出てきたら、中火のまま10分間炒めます。

 

 

 

4.3を向こう側へ寄せ、手前にトマトを加えて塩1つまみをふります。

トマトから出てきた水分を煮詰めるように約5分間炒めます。

 

 

 

5.1のAを再び温めて4に加え、強火で沸かします。アクを取り除き、弱火で20分間煮ます。

「基本のミネストローネ」の完成。

●作りたてより翌日がおいしい。完全に冷めてから冷蔵庫へ2~3日間保存可能。

 

6.なす(1コ(80g))はヘタを除いて2~3cm角に切ります。

ピーマン(1コ(35g))はヘタと種を除き、2~3cm四方に切ります。

フライパンにエクストラバージンオリーブ油大さじ1を中火で熱し、なすとピーマンを炒め、塩少々と水小さじ1を加えてふたをします。

クツクツ音がしたらふたを取り、水分をとばすように炒めます。

 

 

 

7.器に5を盛り、6を適量散らし、エクストラバージンオリーブ油適量をふりかけ、ナスとピーマンをプラスした「野菜たっぷりのミネストローネ」の完成。

 

サンドイッチ

基本のミネストローネ(適量)をミキサーにかけます。食パン(6枚切り)1枚にピュレにしたミネストローネをたっぷり塗ります。 スライスチーズ、食パンの順に重ね食べやすい大きさに切ります。

冷製スープ

基本のミネストローネをミキサーにかけます。器にピュレにしたミネストローネ(100g)、牛乳(50ml)を入れて混ぜ合わせます。

●粗熱が取れた基本のミネストローネは、ミキサーにかけて保存容器に移し、冷蔵庫で1~2日間保存可能。

ミネストローネの人気レシピ

第1位

野菜がおいしいミネストローネ

野菜がおいしいミネストローネ

体にやさしい野菜たっぷりのミネストローネです。

第2位

トマト缶で野菜たっぷりミネストローネ☆

トマト缶で野菜たっぷりミネストローネ☆

野菜を切って、煮込むだけの簡単【ミネストローネ】体も温まりますよ!!

第3位

即席!ミネストローネ~具だくさんのトマトスープ~

即席!ミネストローネ~具だくさんのトマトスープ~

トマト缶が無くても、トマトケチャップでパパッと即席ミネストローネが作れます☆お野菜沢山食べましょう♪

第4位

簡単♪トマトジュースで作るミネストローネ

簡単♪トマトジュースで作るミネストローネ

野菜たっぷり♪健康的なスープです♪

このページの先頭へ