ふくめん

ふくめん

料理名 ふくめん
番組名 NHKきょうの料理
ゲスト 藤岡弘、
放送局 NHK
放送日 2018年6月28日(木)

 

コメント

藤岡弘、ふるさといただきます。今回は故郷愛媛より。ここでは、「ふくめん」の作り方になります。彩り鮮やかなハレの日の料理。

ふくめんの材料(4~5人分)

 

糸コンニャク
糸こんにゃく 約600g
しょうゆ・砂糖 各大さじ2
大さじ1
少々
3コ
魚のそぼろ
白身魚(切り身/たい、さわらなど) 200g
砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
少々
桜でんぷ(市販) 50g
細ねぎ(小口切り) 10本分

 

 

ふくめんの作り方

1.糸こんにゃく(約600g)は水けをきり、食べやすく切ってフライパンで炒め、水分をとばします。

しょうゆ(大1)・砂糖(各大2)、酒(大1)、塩(少々)を加えて味つけし、取り出して冷ましておきます。

卵(3コ)はゆでて、黄身を裏ごしします。

 

 

 

2.そぼろを作ります。

白身魚(切り身/たい、さわらなど 200g)は熱湯でゆで、火が通ったら取り出して骨、皮、ウロコを除きます。

紙タオル(不織布タイプ)に包んでギュッと絞り、水分を除いてから身を細かくほぐす(すり鉢ですってほぐすとよい)。フライパンに入れ、砂糖(大2)、しょうゆ、塩(少々)を加えて、弱火でいりながら水分をしっかりとばします。

 

 

 

3.大きな皿に、中心を少し高くしてこんにゃくを盛り、そぼろ、桜でんぷ(市販 50g)、細ねぎ(小口切り 10本分)、1の卵の黄身を、4等分になるように彩りよくたっぷり盛りつけます。

このページの先頭へ