紅しょうが

スポンサーリンク

紅しょうが

紅しょうが

料理名 紅しょうが
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2016年6月16日(木)

 

箸休めにおすすめ

【大原千鶴の季節のやさしい手仕事】というテーマで、新しょうが料理5品を紹介。ここでは、「紅しょうが」の作り方になります。新しょうがを丁寧に洗います。また下漬けしたあとも、水けはしっかり拭きカビを防ぎましょう。箸休めにおすすめの紅しょうがは、「紅い」食べ物で食卓に明るい色を演出してくれます。細切りにして焼きそば、牛丼、ちらし寿司などにも重宝する「紅しょうが」です。

スポンサーリンク

紅しょうがの材料(つくりやすい分量)

 

新しょうが 500g
赤梅酢(市販) 適量
(A)
大さじ1と1/2
米酢 大さじ2

 

 

紅しょうがの作り方

1.新しょうが(500g)は節ごとに切り、水で洗う。残った泥は清潔な歯ブラシなどできれいに洗い流す。紙タオルで水けを拭く。

-

紅しょうが2.ポリ袋に新しょうが、Aの塩(大1と1/2)、米酢(大2)を入れて袋の上からもむようにして混ぜ合わせる。ポリ袋を深めの皿の上にのせて冷蔵庫で一晩おく(下漬け)。

-

紅しょうが3.ポリ袋から新しょうがを取り出し、紙タオルで水けをしっかり拭き取る。ホウロウなどの保存容器に新しょうがを入れ、赤梅酢(市販 適量)をヒタヒタになるまで加える。

●容器の大きさが合わなければ、ジッパー付きの保存袋で漬けてもよい。

※水気をしっかり拭いてカビを防ぐ

-

紅しょうが4.冷蔵庫に入れて約2週間で、全体が漬かって食べられる。

※冷蔵庫で約1年間保存可能。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ