えびとそら豆の塩炒め

スポンサーリンク

えびとそら豆の塩炒め

えびとそら豆の塩炒め

料理名 えびとそら豆の塩炒め
番組名 NHKきょうの料理
料理人 土井善晴
放送局 NHK
放送日 2016年4月7日(木)

 

ソラ豆を蒸気でふっくらと

【土井善晴の満足おかず】というテーマで、春の食材を使った料理2品を紹介。ここでは、「えびとそら豆の塩炒め」の作り方になります。そら豆は薄皮をむくことで、口当たりよく火の通りも早くなるので、傷つけないように薄皮を丁寧にむきましょう。エビと合わせて彩りのきれいなおかずに仕上がります。

スポンサーリンク

えびとそら豆の塩炒めの材料(2~3人分)

 

むきえび(芝えびなど) 100g
そら豆(さや付き) 400g(10~12本)
A
大さじ1
小さじ1/3
●塩・かたくり粉・サラダ油

 

 

えびとそら豆の塩炒めの作り方

1.そら豆(さや付き 400g(10~12本))はさやから豆を取り出し、薄皮をむく(さやから出して約120g)。

※薄皮をむくことで、口当たりよく火の通りも早い

-

2.むきえび(芝えびなど 100g)は背ワタがあれば除き、塩水で洗って水けを拭き取る。

-

3.2にAの酒(大1)、塩(小1/3)を順に入れて混ぜ、さらにかたくり粉(大1)を加えて混ぜ込む。

-

えびとそら豆の塩炒め4.フライパンにサラダ(大2)を弱火で熱し、3のえびを重ならないように入れて弱火で炒める。色が変わったら一匹ずつ返し、両面を焼いて取り出す。

※弱火で炒めると色よく柔らかく仕上がる

-

えびとそら豆の塩炒め5.4のフライパンにそら豆を入れ、塩(小1/4)をふって中火で焼き色をつけ、水(大1)を加えて軽く蒸す(ふたはしなくてもよい)。

ある程度水分がとんだら、えびを戻し入れて炒め合わせる。

※そら豆は、蒸気を利用して火を通す。

-

えびとそら豆の塩炒め6.器に盛り、えびとそら豆の塩炒めの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

そら豆の人気レシピ

第1位

グリルで濃厚な焼きそら豆

グリルで濃厚な焼きそら豆

焼く前に少し下処理をすると楽チンで食べれます! 焼いて水分が程よく抜けるので、甘みと味が濃厚に。美味しいお塩をちょっとのせて口の中に入れてみてください~

第2位

そら豆と海老と卵の塩炒め

そら豆と海老と卵の塩炒め

そら豆の甘さを生かすために、薄い塩味で。 彩りも春らしい炒めものです。

第3位

そら豆☆ガーリック炒め

そら豆☆ガーリック炒め

【簡単】 包丁を使わずに\(^▽^)/そら豆を取り出して、サッと炒めるだけの簡単おつまみ!きれいなグリーン、柔らかでホクホクの食感、ビールが進みます。

第4位

フライパンで簡単!ほくほく♡焼きそら豆

フライパンで簡単!ほくほく♡焼きそら豆

グリルがなかったり、洗うのが面倒でも!甘くておいしい焼きそら豆がフライパンで出来ちゃいます♪

このページの先頭へ