牛肉と新玉ねぎの塩すき焼き

牛肉と新玉ねぎの塩すき焼き

料理名 牛肉と新玉ねぎの塩すき焼き
番組名 おかずのクッキング
料理人 笠原将弘
放送局 テレビ朝日
放送日 2018年3月17日(土)

 

コメント

おかずのクッキングでは、笠原将弘さんが「牛肉と新玉ねぎの塩すき焼き」の作り方を紹介しました。

割下を塩味にすると、新玉ねぎの甘み、牛肉の脂の旨みがあふれるおいしさ。焼いている時の香りのよさに食べる前から期待が膨らみます。

牛肉と新玉ねぎの塩すき焼きの材料(2人分)

 

牛すき焼き用ロース肉 200g
新玉ねぎ 1個
絹さや 10枚
牛脂(なければサラダ油) 大さじ1
塩、粗びき黒こしょう 各少々
A
酒、みりん 各大さじ2
小さじ1

 

 

牛肉と新玉ねぎの塩すき焼きの作り方

1.新玉ねぎ(1個)は薄皮をむいて半分に切り、繊維に直角に1cm幅に切ります。

絹さや(10枚)は筋を取ります。

 

 

 

2.フライパンに牛脂(なければサラダ油 大1)を入れて中火で溶かし、玉ねぎに塩(少々)をふって炒め、少し色づいてしんなりしたら取り出します。

絹さやを入れ、塩(少々)をふり、両面を焼いて取り出します。

フライパンをきれいに拭きます。

 

 

 

3.2のフライパンに牛すき焼き用ロース肉(200g)を広げ入れ、両面に焼き色をつけて混ぜ合わせたAの酒、みりん(各大さじ2)・塩(小さじ1)を加え、煮からめます。

 

 

4.器に2、3を盛り、黒こしょう(少々)をふります。

このページの先頭へ