中国風鶏の骨付き肉のしょうゆ煮

中国風鶏の骨付き肉のしょうゆ煮

料理名 中国風鶏の骨付き肉のしょうゆ煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 栗原はるみ
放送局 NHK
放送日 2017年12月4日(月)

 

スパイスの香りで本格的

栗原はるみの定番ごはんシリーズから「年末スペシャル」というテーマで、定番パーティー料理を紹介。ここでは、「中国風鶏の骨付き肉のしょうゆ煮」の作り方になります。本来は丸鶏を使った中国料理「ヤオカイ(油鶏)」を、家庭で作りやすく栗原はるみさんがアレンジ。手軽な骨付きのもも肉を甘辛い煮汁にスパイスを効かせて煮ます。スパイスの香りで本格的な味わいに仕上がります。

中国風鶏の骨付き肉のしょうゆ煮の材料(4~6人分)

 

鶏もも肉(骨付き) 4~6本(1.8kg)
ねぎ(青い部分) 10cm
にんにく 2かけ
しょうが 1かけ
A
しょうゆ カップ2
紹興酒(または酒) カップ1/4
砂糖 50~60g
カップ1
シナモンスティック 1本
八角 1コ
赤とうがらし(ヘタと種を除く) 1本
香菜(ザク切り) 適量
フレンチマスタード 適量

 

 

中国風鶏の骨付き肉のしょうゆ煮の作り方

1.ねぎ(青い部分 10cm)は縦半分に切ります。にんにく(2かけ)、しょうが(1かけ)は皮をむき、包丁などでたたいてつぶします。

2.鶏もも肉(骨付き) 4~6本(1.8kg)が入る大きくて深めの鍋にAのしょうゆ(カップ2)・紹興酒(または酒 カップ1/4)・砂糖(50~60g)・水(カップ1)を入れて火にかけ、煮立ったら鶏肉の皮を上にして入れます。

3.1とシナモンスティック(1本)、八角(1コ)、赤とうがらし(ヘタと種を除く 1本)を加えます。鶏肉に煮汁をかけてふたをします。時々煮汁をかけながら、弱火で約15分間煮ます(常に小さな泡が出ている状態を保つよう、火加減を調整する)。

4.鶏肉を取り出し、今度は皮を下にして入れ、再びふたをします。時々煮汁をかけながら、3と同じくらいの火加減で15~20分間煮ます。

火を止め、ふたをしたまま約10分間おいて味をなじませ、鶏肉を取り出します。

※鶏肉の皮は破れやすいので、フライ返しと菜箸などを使って丁寧に取り出しましょう。

5.残った煮汁を火にかけ、5~10分間煮詰めて火を止めます(目安として約カップ3まで煮詰めるとよい)。ざるで濾して「ヤオカイ(油鶏)のたれ」の出来上がり。

6.鶏肉を骨ごと食べやすく切って器に盛り、5の煮汁適量をかけます。香菜(ザク切り 適量)、フレンチマスタード(適量)を添えます。

「大根の炊き込みご飯」レシピはこちら

しょうゆの人気レシピ

第1位

どんどん食べちゃう!キュウリとシラスの胡麻醤油和え

どんどん食べちゃう!キュウリとシラスの胡麻醤油和え

この組み合わせ、大好きです♡ ポリポリ食べ過ぎちゃいます(^O^)

第2位

いくらの醤油漬け

いくらの醤油漬け

自分で漬けるとより美味しい

第3位

簡単でうまい!ホタテのバターソテー

簡単でうまい!ホタテのバターソテー

おつまみにもおかずにもなるひと品です!簡単なのに絶品です(ΦωΦ)フフフ・・・・

第4位

万能なニンニク醤油

万能なニンニク醤油

ニンニクの香りがよい万能なニンニク醤油を作ります。 ニンニクの長期保存にも適しています。

このページの先頭へ