コンビーフと野菜のホイル焼き

コンビーフと野菜のホイル焼き

料理名 コンビーフと野菜のホイル焼き
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 藤野嘉子
放送局 NHK
放送日 2018年8月23日(木)

 

コメント

材料をアルミ箔で包んでグリルで焼くだけの簡単おかずを2品紹介。ここでは、「コンビーフと野菜のホイル焼き」の作り方になります。いちばん手軽なのが、缶詰+野菜の組み合わせ。コンビーフのうまみと塩けが全体に行き渡り、野菜のおいしさもグンとアップします。

コンビーフと野菜のホイル焼きの材料(2人分)

 

コンビーフ(缶詰) 1缶(100g)
たまねぎ 1/2コ(100g)
なす 1コ(80g)
大根(すりおろす) カップ1/2
ポン酢しょうゆ(市販) 大さじ2
[常備品]サラダ油/黒こしょう(粗びき)

 

 

コンビーフと野菜のホイル焼きの作り方

1.コンビーフ(缶詰 1缶(100g))は食べやすくほぐします。

たまねぎ(1/2コ(100g))は繊維を断つように1cm幅に切ります。

なす(1コ(80g))はヘタを切り落とし、7mm厚さに切ります。

 

 

 

2.約25×40cmアルミ箔を縦長に置き、下半分にサラダ油少々を塗り広げます。

●こうしておくと、材料がくっつくのを防ぐことができ、下からも油分が加わることで火の通りが早くなる。

 

 

3.2のサラダ油を塗ったところにたまねぎの半量をのせます。

その上になすの半量を重ならないようにのせます。

 

 

 

4.なすの上にコンビーフの半量をふんわりとのせ、黒こしょうをふります。

 

 

 

5.アルミ箔を向こう側から手前に半分に折り、端をしっかりと折ります。

 

 

6.空気が入らないように、さらにもう一度折ります。同様にもう一つ作ります。

 

 

 

7.魚焼きグリルの網にのせ、両面焼きで強火で8~10分間焼きます(片面焼きの場合は、強火で15~20分間焼く)。取り出して器に盛り、口を開きます。大根おろしとポン酢しょうゆ(市販 大2)を添えます。

このページの先頭へ