アスパラのミモザ風

アスパラのミモザ風

料理名 アスパラのミモザ風
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 藤野嘉子
放送局 NHK
放送日 2019年4月8日(月)

コメント

シンプル調理で春おかず。ここでは、「アスパラのミモザ風」の作り方になります。ゆで卵をミモザの花に見立てた華やかな一品。シンプルにゆでることでアスパラガスの甘みと香りが際立ちます。

アスパラのミモザ風の材料(2人分)

グリーンアスパラガス(太めのもの) 4本(150~200g)
1コ
A
オリーブ油 大さじ2
大さじ1
砂糖 小さじ1/2
小さじ1/3
こしょう 少々
[常備品]塩

アスパラのミモザ風の作り方

1.卵(1コ)は冷蔵庫から出して常温に戻します。

小さめの鍋に卵を入れ、かぶるくらいの水を注ぎます。中火にかけ、煮立ったら弱火にして約11分間ゆでます。

2.グリーンアスパラガス(太めのもの 4本(150~200g))は根元1cmを切り落とし、根元から1/3の皮をピーラーで薄くむきます。

3.はかまといわれる三角形の部分を包丁で除きます(上のほうの小さいはかまは除かなくてもよい)。長さを半分に切ります。

4.鍋に湯約カップ5を沸かし、塩小さじ1を入れます。

アスパラガスを加え、強めの中火で約3分間ゆでます。

※塩を入れてゆでるとうすい下味がつき、甘さが引き立つ。

5.1本取り出し、根元のほうに串を刺してスッと通ったらゆで上がり。ざるに広げて冷まします。

6.1の卵は水にとって冷まします。取り出して殻全体に細かいひびを入れ、水につけながら殻をむきます。

卵は白身と黄身に分け、それぞれ目の粗いざるに押しつけて細かくします。

7.器にアスパラガスを盛って6をのせ、Aのオリーブ油(大さじ2)・酢(大さじ1)・砂糖(小さじ1/2)・塩(小さじ1/3)・こしょう(少々)を混ぜ合わせてかけます。

このページの先頭へ