夏の冷やし鍋

夏の冷やし鍋

料理名 夏の冷やし鍋
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2019年8月11日(日)

 

コメント

「夏だって鍋が食べたい!」ということで、夏の冷やし鍋料理を紹介。ここでは、そのメイン「夏の冷やし鍋」の作り方になります。濃いめの味付けにするところがポイント!ひんやりスープで野菜をたっぷりいただけるシメまで楽しめる冷やし鍋です。

夏の冷やし鍋の材料(4人分)

 

レタス 大2枚
万能ねぎ 4本
三つ葉 1束
青じそ 10枚
かいわれ 1/2パック
きゅうり 1本
トマト 小1個
みょうが 1個
豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) 150g
鯛(刺身用) 1柵(100g)
適量
スープ
かつおだし 1400㏄
酒、みりん 各大さじ3
大さじ1
薄口しょうゆ 大さじ3
ニラだれ
ニラ 1束
a
豆板醤、酢 各小さじ2
しょうゆ 大さじ1
ごまダレ
にんにく 2片
白ねりごま 100g
サラダ油 適量
少々
b
しょうゆ 大さじ1.5
みりん 大さじ1/2
砂糖 小さじ1
≪シメ用≫
長芋 10㎝
焼きおにぎり 適量

 

 

夏の冷やし鍋の作り方

1、スープを作ります。

鍋にかつおだし(1400㏄)を入れ、沸いたら、酒、みりん(各大さじ3)、塩(大1)、薄口しょうゆ(大3)を加えてひと煮します。

ボウル等に移し、粗熱が取れたら冷蔵庫でしっかり冷やします。

2、ニラたれを作ります。

ニラ(1束)はみじん切りにしてボウルに入れ、aの豆板醤、酢(各小さじ2)・しょうゆ(大さじ1)を加えて混ぜます。

3、ごまだれを作ります。

にんにく(2片)は薄切りにします。

フライパンにサラダ油(適量)とにんにくを入れて弱火にかけ、かえしながらきつね色にカリッと揚げます。

ボウルにbのしょうゆ(大さじ1.5)・みりん(大さじ1/2)・砂糖(小さじ1)と白ねりごま(100g)、水(少々)、にんにくを入れて砕きながらよく混ぜます。

4、青じそ(10枚)、レタス(大2枚)、みょうが(1個)は千切りにします。

きゅうり(1本)は斜め薄切りにしてから千切りにします。

トマト(小1個)は1㎝角の拍子木切りにします。

かいわれ(1/2パック)は根元を切り落とします。

万能ねぎ(4本)、三つ葉(1束)は4㎝長さに切ります。

5、鍋に湯を沸かして酒(適量)を加え、豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用 150g)を入れてサッと茹でて氷水にとって冷まします。水気をしっかり切ります。

鯛(刺身用 1柵(100g))はそぎ切にします。

6、鍋に1のスープを入れます。

器に2、3のたれをそれぞれ入れます。

4、5を皿に盛ります。

7、鍋に野菜や肉、刺身を入れます。

取り皿に汁ごと取り、たれをつけながら食べます。

8、シメを作ります。

長芋(10㎝)は皮を剥きすりおろします。

焼きおにぎり(適量)をお茶碗に入れ、鍋の汁を注ぎ、余ったかいわれや万能ねぎをのせ、長芋をかけます。くずしながら食べます。

 

このページの先頭へ