大根と骨付き鶏の甘辛春雨煮

スポンサーリンク

大根と骨付き鶏の甘辛春雨煮

大根と骨付き鶏の甘辛春雨煮

料理名 大根と骨付き鶏の甘辛春雨煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 コウケンテツ
放送局 NHK
放送日 2016年11月28日(月)

 

骨付きの鶏もも肉と大根を

「冬野菜と肉 味の黄金コンビ」というテーマで、コウケンテツさんが料理3品を紹介していました。ここでは、「大根と骨付き鶏の甘辛春雨煮」の作り方になります。骨付きの鶏もも肉を煮て、スープにうまみが出てから薄い半月切りにした大根を加えるところがポイント!じゃがいもと骨付き鶏でつくる「チムタク」という韓国料理を、大根でアレンジ。ピリッと甘辛味で、ご飯がすすみます。

スポンサーリンク

大根と骨付き鶏の甘辛春雨煮の材料(2~3人分)

 

大根 1/3本(約300g)
鶏もも肉(骨付き/ブツ切り) 2本分(約800g)
A
カップ1/4
しょうゆ 大さじ4
砂糖 大さじ3
にんにく(すりおろす) 1かけ分
しょうが(すりおろす) 1かけ分
春雨(乾) 40g
ねぎ 1本
にら 2~3本
赤とうがらし(種は除く) 2本
●ごま油

 

 

大根と骨付き鶏の甘辛春雨煮の作り方

1.鍋に湯を沸かして鶏もも肉(骨付き/ブツ切り 2本分(約800g))を入れ、再び煮立ったら、ざるに上げてサッと洗い、水けをよく拭きます。

-

2.ボウルにAの酒(カップ1/4)、しょうゆ(大4)、砂糖(大3)、にんにく(すりおろす 1かけ分)、しょうが(すりおろす 1かけ分)を混ぜ、鶏肉を加えてからめ、10分間ほどおきます。

※あとで調味料を入れないので、鶏肉にしっかり下味をつけておきます。

-

3.大根(1/3本(約300g))は7~8mm厚さの半月形に切ります。春雨(乾 40g)は水に10分間ほどつけて戻し、水けをきります。ねぎ(1本)は1cm幅の斜め切りに、にら(2~3本)は4~5cm長さに切ります。

-

4.鍋にごま油(大1)を熱し、鶏肉の汁けをよくきって入れ、中火でサッと炒めます。色が変わったら水(カップ3)を加え、ふたをずらしてのせ、弱火で20分間煮ます。

-

5.大根、赤とうがらし(種は除く 2本)、鶏肉のつけ汁を加えて10分間煮ます。春雨、ねぎを加え、2~3分間煮ます。

大根と骨付き鶏の甘辛春雨煮

-

6.にらを加えてサッと混ぜ、器に盛り、大根と骨付き鶏の甘辛春雨煮の完成。

大根と骨付き鶏の甘辛春雨煮

※鶏肉のうまみを煮汁にしっかり出してから、大根を加えます。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ