秋さばの照り焼き月見丼

秋さばの照り焼き月見丼

料理名 秋さばの照り焼き月見丼
番組名 NHKきょうの料理
料理人 髙井英克
放送局 NHK
放送日 2018年10月15日(月)

 

コメント

コンロは一口・フライパンひとつでできる一人分レシピ。ここでは、「秋さばの照り焼き月見丼」の作り方になります。さばは、中骨のないものを使えば、扱いもらく。なすと一緒にじっくりと焼き、甘辛いたれをからめます。

秋さばの照り焼き月見丼の材料(1人分)

 

ご飯(温かいもの) 茶碗1杯分
さば(二枚おろし) 1枚(中骨のないもの)
なす 1コ
温泉卵(市販) 1コ
A
しょうゆ・酒・みりん 各大さじ1
砂糖 小さじ1
おろししょうが(市販) 小さじ1/2
粉ざんしょう 少々
●サラダ油

 

 

秋さばの照り焼き月見丼の作り方

1.なす(1コ)はヘタを切り落として縦半分に切ります。皮側に斜めに切り目を入れて長さを半分に切り、水に放して水けを拭きます。

 

 

 

2.さば(二枚おろし 1枚(中骨のないもの))は、カマ(胸ビレの付け根)と腹骨を包丁でそいで除きます。

血合いを除きながら身を縦に2つに切り分け、さらに長さを半分に切ります。

 

 

 

3.Aのしょうゆ・酒・みりん(各大さじ1)・砂糖(小さじ1)・おろししょうが(市販 小さじ1/2)は器に合わせて混ぜ、砂糖を溶かします。

 

 

 

4.フライパンにサラダ油大さじ1強を中火で熱し、さばとなすを皮側を下にして並べます。

焼き色がついたら裏返して反対側も焼き、3を回し入れ、強火にして煮からめます。

 

 

 

5.丼にご飯(温かいもの 茶碗1杯分)を盛り、4のさばとなすを交互にのせます。

フライパンに残ったたれ適量を回しかけ、温泉卵(市販 1コ)をのせて粉ざんしょう(少々)をふります。

さばの人気レシピ

第1位

和食の定番のさばの味噌煮

和食の定番のさばの味噌煮

ほかの青魚に比べてサバのDHAは、群を抜いてたっぷり含まれていると言われています。 そのサバを使って味噌煮にしました。

第2位

塩サバのさっぱり☆ぽん酢焼き

塩サバのさっぱり☆ぽん酢焼き

ぽん酢醤油とごま油で、さっぱり&香ばしい サバ焼き^m^♪ 簡単で美味しい☆

第3位

ご飯食べ過ぎるかも・・!?サバの甘辛煮付け♪

ご飯食べ過ぎるかも・・!?サバの甘辛煮付け♪

煮汁がとろ~とするまで煮込むと、サバに味が良く染みておいしいです。ご飯のおかずにもってこいかもです。

第4位

【定番】サクサク衣の♪さばの竜田揚げ

【定番】サクサク衣の♪さばの竜田揚げ

ニンニクと生姜の漬け汁でじっくり下味をつけた竜田揚げ♪にんにく・生姜効果でサバの臭みもとれます。サクサク衣と香ばしい風味でご飯がすすみます

このページの先頭へ