極上ぶり大根

極上ぶり大根

料理名 極上ぶり大根
番組名 NHKきょうの料理
料理人 萩原豊
放送局 NHK
放送日 2019年2月26日(火)

 

コメント

「つくろう!にっぽんの味」より今回は富山県の冬の味覚を使った料理を紹介。ここでは、「極上ぶり大根」の作り方になります。富山の冬のごちそうといえば、ぶり。地元では2日間もかけて大鍋いっぱいにつくることもあるというぶり大根を、電子レンジで手軽につくります。ぶりの切り身にアラと大根のうまみをたっぷりとまとわせます。

極上ぶり大根の材料(2人分)

 

ぶり(切り身) (小)4切れ(160g)
ぶりのアラ 40g
大根(2cm厚さの半月形に切る) 4枚(120g)
A
昆布(5cm四方) 1枚(4g)
しょうが(薄切り) 20g
大さじ1と1/3
カップ1
B
みりん 大さじ1と1/3
砂糖 大さじ1弱
しょうゆ・うす口しょうゆ 各大さじ2/3
好みの青菜(せり、大根の葉など/ゆでる)・ 各適量
柚子の皮(せん切り) 適量
七味とうがらし 適量
●小麦粉・サラダ油

 

 

極上ぶり大根の作り方

1.ぶり(切り身 (小)4切れ(160g))のアラは魚焼きグリルで両面こんがりと焼きます。

 

 

 

2.大根(2cm厚さの半月形に切る 4枚(120g))は1のアラ、Aの昆布(5cm四方 1枚(4g))・しょうが(薄切り 20g)・酒(大さじ1と1/3)・水(カップ1)とともに耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)に7分間かけます。

 

 

 

3.2にBのみりん(大さじ1と1/3)・砂糖(大さじ1弱)・しょうゆ・うす口しょうゆ(各大さじ2/3)を加えてラップをし直し、さらに7分間電子レンジにかけます。

 

 

 

4.ぶりの切り身に小麦粉少々をまぶします。

フライパンにサラダ油適量をなじませて弱めの中火で熱し、ぶりの切り身を両面こんがりと焼きます。

3の調味液を加えて火を強めて煮立て、汁けがほとんどなくなるまで中火で煮詰めます。

 

 

 

5.3の大根とアラ、4の切り身を器に盛り、4の煮汁をかけます。

好みの青菜(せり、大根の葉など/ゆでる)・ 各適量を食べやすく切って添えます。柚子の皮(せん切り 適量)をのせ、七味とうがらし(適量)をふります。

このページの先頭へ