なすと鶏肉の梅照り焼き

なすと鶏肉の梅照り焼き

料理名 なすと鶏肉の梅照り焼き
番組名 NHKきょうの料理
料理人 ワタナベマキ
放送局 NHK
放送日 2018年8月1日(水)

 

コメント

カラフル夏野菜をたっぷり使ったボリュームおかずの特集、今回は「なす」。ここでは、「なすと鶏肉の梅照り焼き」の作り方になります。鶏もも肉となす、ししとうがらしをフライパンで一緒に焼いて、たれをからめたら完成!いつもの照り焼きに梅干しをプラスした酸味が食欲をそそる、夏向きのおかずです。

なすと鶏肉の梅照り焼きの材料(2人分)

 

なす 4コ
鶏もも肉 1枚(300g)
ししとうがらし 10本
梅干し 2コ
A
酒・みりん 各大さじ2
しょうゆ 大さじ1
●ごま油

 

 

なすと鶏肉の梅照り焼きの作り方

1.なす(4コ)はヘタを除いて1cm厚さの輪切りにし、1~2分間水にさらす。ししとうがらし(10本)は軸を短く切ります。

鶏もも肉(1枚(300g))は厚い部分に包丁を入れて、厚みを均一にします。

 

 

 

2.梅干し(2コ)は種を除いて包丁でたたき、Aの酒・みりん(各大さじ2)・しょうゆ(大さじ1)と混ぜ合わせます。

 

 

 

3.フライパンにごま油小さじ2を中火で熱し、鶏肉を皮側を下にして入れます。

続いて水けをきった1のなすとししとうがらしを鶏肉の横に加えます。

鶏肉はへらで押さえて皮がカリカリになるまで5分間ほど焼きます。

なすはしんなりとするまで炒めます。

 

 

 

4.鶏肉は上下を返して弱火にし、約8分間焼いて再び中火にし、2を加えてからめます。

器に盛り、食べるときに鶏肉を切り分けます。

このページの先頭へ