たらとじゃがいもの重ね蒸し

たらとじゃがいもの重ね蒸し

料理名 たらとじゃがいもの重ね蒸し
番組名 NHKきょうの料理
料理人 野口真紀
放送局 NHK
放送日 2019年1月14日(月)

 

コメント

定番おかずを切り身の魚でアレンジしたレシピを野口真紀さんが紹介。ここでは、「たらとじゃがいもの重ね蒸し」の作り方になります。フライパンでつくる簡単な重ね蒸しも、ハーブを少し加えることでごちそう感がアップします。蒸し汁もパンに吸わせて余さず味わって!

たらとじゃがいもの重ね蒸しの材料(2~3人分)

 

たら(甘塩/切り身) 3切れ(270g)
じゃがいも 2コ(200g)
ミニトマト 10~12コ
にんにく(みじん切り) 1かけ分
タイム(生) 3~4本
白ワイン(または酒) 大さじ4
フランスパン 適宜
●オリーブ油・塩・黒こしょう(粗びき)

 

 

たらとじゃがいもの重ね蒸しの作り方

1.じゃがいも(2コ(200g))は5~6mm厚さの輪切りにします。

ミニトマト(10~12コ)はヘタを除き、2等分に切ります。

たら(甘塩/切り身 3切れ(270g))は紙タオルで水けを拭き、半分に切って骨を除きます。

 

 

 

2.フライパンにオリーブ油大さじ2を中火で熱し、たらの皮を下にして焼きます。

焼き目がついたら裏返し、反対側も焼きます。

 

 

 

3.たらの上にじゃがいも、ミニトマトを広げてのせ、にんにく(みじん切り 1かけ分)を散らしてタイム(生 3~4本)をのせます。

白ワイン(または酒 大4)を回しかけ、水大さじ2~3を加え、煮立ったらふたをして6~7分間、じゃがいもが柔らかくなるまで蒸し煮にします。

●タイム(生)は乾燥タイム少々、ローリエ1枚、パセリ2~3枝でもよい。なければ省いてもよいが、ハーブを加えたほうが魚のくせが抑えられる。

 

4.ふたを取り、汁の味をみて足りなければ塩少々をふります。

オリーブ油少々を回しかけて黒こしょう適量をふり、好みでフランスパン(適宜)を添えます。

このページの先頭へ