さんまご飯

さんまご飯

さんまご飯

料理名 さんまご飯
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2017年9月21日(木)

 

しょうがが味のポイント

大原千鶴のもっと気軽に魚介レシピシリーズから、今回は「さんま」を使ったアイデアレシピ4品を紹介。ここでは、塩焼きにしたさんまを入れて炊いた「さんまご飯」の作り方になります。しょうがの香りを添えるのが味のポイント!

さんまご飯の材料(2人分)

 

さんま 1匹
180ml(1合)
A
小さじ2
うす口しょうゆ 小さじ1
しょうが(細切り) 15g
青柚子の皮(すりおろす) 適宜
紅しょうが(細切り) 適宜
●塩

 

 

さんまご飯の作り方

1.米(180ml(1合))は洗ってざるに上げ、30分間おきます。

 

2.さんま(1匹)は頭を落として半分に切ります。塩小さじ1/2を全体にふって10分間おきます。魚焼きグリルの弱火で焼き、全体にこんがり焼き色がついたら取り出します。

さんまご飯

※内臓はそのまま焼いて食べるとおいしい。苦手な場合は取り除きます。

3.土鍋に米、水カップ1とAの酒(小さじ2)・うす口しょうゆ(小さじ1)を入れてひと混ぜし、2のさんま、しょうが(細切り 15g)をのせ、ふたをして中火にかけます。沸騰したらふたを外し、箸で鍋底を軽くこすって米をはかず。再びふたをして弱火で10分間炊きます。

火を止め、10分間蒸らします。

さんまご飯

※炊飯器でも同様の分量で普通に炊ける。

4.さんまはほぐして混ぜ、椀に盛り、好みで青柚子の皮(すりおろす 適宜)をふり、紅しょうが(細切り 適宜)を添えます。

さんまご飯

 

さんまの人気レシピ

第1位

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で煮るので、骨まで食べれます! お魚の栄養+カルシウムも採れます(*^^*) ご飯が進む一品です。

第2位

ご飯が進みますよ☆ぜっぴん秋刀魚の甘辛揚げ煮

ご飯が進みますよ☆ぜっぴん秋刀魚の甘辛揚げ煮

ほんとにご飯が進みます。いくらでも食べられる勢いのスーパーおかずです。

第3位

骨までやわらか★ほろほろ!秋刀魚の筒煮

骨までやわらか★ほろほろ!秋刀魚の筒煮

焼き魚が一番だけど、たまにはこんなのも。 骨までほろほろです。

第4位

ご飯がすすむ☆冷めてもおいしいサンマの蒲焼

ご飯がすすむ☆冷めてもおいしいサンマの蒲焼

ご飯がすすむおかずです。 冷めてもおいしいのでお弁当にもGOOD!

このページの先頭へ