さんまのフライパン塩焼き

さんまのフライパン塩焼き

料理名 さんまのフライパン塩焼き
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 河野雅子
放送局 NHK
放送日 2018年10月15日(月)

 

コメント

フライパンで気軽に旬の味・さんまをいただきます。ここでは、「さんまのフライパン塩焼き」の作り方になります。塩焼きもフライパンを使えば簡単。小麦粉をつけると皮がきれいに焼けます。旬の新鮮なさんまなら、内臓を除かなくてもOK。

さんまのフライパン塩焼きの材料(2人分)

 

さんま 2匹(300g)
きゅうり 1/2本(50g)
みょうが 1コ(20g)
[常備品]塩/小麦粉/サラダ油

 

 

さんまのフライパン塩焼きの作り方

1.さんま(2匹(300g))は水に入れ、指で表面を軽くこすって洗い、ペーパータオルではさんで水けを拭きます。

 

 

 

2.長さを半分に切り、両面に塩小さじ1/3を少し高い位置から全体にまんべんなくふります。

 

 

 

3.バットに小麦粉適量を入れ、さんまを1切れずつ入れてまぶし、軽くはたいて薄くつけます。

 

 

 

4.フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、3のさんまを盛りつけるときに表になる面を下にして並べます。

オーブン用の紙を落としぶたのようにかぶせ、弱めの中火で4~5分間焼きます。

オーブン用の紙をかぶせるとよく火が通り、蒸気が程よく抜けてカリッと焼き上がる。

 

 

5.こんがりと焼き色がついたら返します。

再びオーブン用の紙をかぶせて3~4分間焼いて火を通します。

 

 

 

6.きゅうり(1/2本(50g))は小口切りにし、塩少々をまぶして4~5分間おき、水けを絞ります。

みょうが(1コ(20g))は縦半分に切って斜め薄切りにします。

器にさんまを盛り、きゅうりとみょうがを添えます。

さんまの人気レシピ

第1位

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で煮るので、骨まで食べれます! お魚の栄養+カルシウムも採れます(*^^*) ご飯が進む一品です。

第2位

ご飯が進みますよ☆ぜっぴん秋刀魚の甘辛揚げ煮

ご飯が進みますよ☆ぜっぴん秋刀魚の甘辛揚げ煮

ほんとにご飯が進みます。いくらでも食べられる勢いのスーパーおかずです。

第3位

骨までやわらか★ほろほろ!秋刀魚の筒煮

骨までやわらか★ほろほろ!秋刀魚の筒煮

焼き魚が一番だけど、たまにはこんなのも。 骨までほろほろです。

第4位

ご飯がすすむ☆冷めてもおいしいサンマの蒲焼

ご飯がすすむ☆冷めてもおいしいサンマの蒲焼

ご飯がすすむおかずです。 冷めてもおいしいのでお弁当にもGOOD!

このページの先頭へ