夏こづゆ

夏こづゆ

料理名 夏こづゆ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 萩春朋
放送局 NHK
放送日 2018年7月24日(火)

 

コメント

47都道府県の新しい郷土料理をプロデュースするシリーズ。今回は福島県。ここでは、「夏こづゆ」の作り方になります。会津地方の伝統料理「こづゆ」をアレンジ。ゼラチンでゆるく固めてジュレにしました。手軽な缶詰の貝柱を使い、トマト、パプリカの赤が鮮やか。夏に食べたい、新しいこづゆです。

夏こづゆの材料(2人分)

 

帆立て貝柱の水煮(缶詰/ほぐし身) 1缶(65g)
A
粉ゼラチン 小さじ1強(3g)
小さじ2
ミニトマト 4コ
生しいたけ 2枚
パプリカ(赤) 1/2コ
顆粒だしの素 小さじ1
バジル(生) 適宜

 

 

夏こづゆの作り方

1.小皿にAの粉ゼラチン(小さじ1強(3g))・水(小さじ2)を入れて混ぜ、ふやかしておきます。

ミニトマト(4コ)はヘタを取り、横半分に切ってから4等分に切ります。

生しいたけ(2枚)は軸を除き、7~8mm角に切ります。

パプリカ(赤 1/2コ)はヘタと種を除き、5mm四方に切ります。

 

 

 

2.しいたけ、パプリカを鍋に入れ、帆立て貝柱の水煮(缶詰/ほぐし身 1缶(65g))を缶汁ごと加えます。

水カップ1を加え、強火にかけます。沸いたら弱火にして、アクを取り除きます。

 

 

 

3.ミニトマト、顆粒だしの素(小1)を加えてサッと混ぜます。

ふやかしておいたAを加えて混ぜ、ひと煮立ちさせて溶かし、火を止めます。

ボウルに移し、粗熱が取れたら冷蔵庫で1時間ほど冷やします。

 

 

 

4.柔らかいジュレ状に固まったら器に盛り、あればバジル(生 適宜)の葉をのせます。

このページの先頭へ