青じそしば漬け

青じそしば漬け

料理名 青じそしば漬け
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2018年7月19日(木)

 

コメント

料理研究家の大原千鶴さんが旬の食材で「おいしいもと」を手作り。ここでは、「青じそしば漬け」の作り方になります。本格的なしば漬けは、時間をかけて乳酸発酵させた赤じそ漬けですが、手軽に青じそを使って、調味液に漬けるだけの簡単レシピをご紹介。「豚肉としば漬けのさっぱり煮」などにも使える「おいしいもと」。

青じそしば漬けの材料(つくりやすい分量)

 

野菜(合わせて500~600g)
なす 2コ
きゅうり 3本
みょうが 2コ
新しょうが 20g
青じそ 30~40枚
A
みりん(煮きる)・米酢 各大さじ2
●塩

 

 

青じそしば漬けの作り方

1.なす(2コ)は縦半分に切って7mm幅の斜め薄切りにします。

きゅうり(3本)は長さを4等分に切って縦半分に切ります。

みょうが(2コ)は縦4等分に切ります。

新しょうが(20g)は薄切りにします。

●野菜は合わせて500~600g

 

2.1をポリ袋に入れて重さを量り、その2%の塩を加え混ぜます。

袋の口を縛り、野菜の2倍以上の重さのおもしをして3時間ほどおきます。

おもしのかわりにねじ式の漬物容器を使ってもよい。

 

 

3.青じそ(30~40枚)は1cm幅に切り、塩小さじ2でもんでしんなりとさせて水けを絞ります。

2の野菜の水けを絞って袋に戻し、青じそ、Aのみりん(煮きる)・米酢(各大さじ2)を加えて再び口を縛ります。冷蔵庫に一晩おいて味をなじませます。

このページの先頭へ