最新レシピをお知らせします

こちらにご登録ください。
最新レシピをメールでお知らせいたします。

※ご登録後メールが送信されます
※osarai-kitchen.comからのメール受信を許可してください


カウル(Cawl)

カウル(Cawl)

 

料理名 カウル(Cawl)
番組名 NHKあさイチ
コーナー クイズとくもり
料理人 フレデリック・ウォルター
放送局 NHK
放送日 2019年12月3日(火)

 

コメント

NHKあさイチでは、「カウル(Cawl)」の作り方を紹介。ねぎを愛するイギリス南西部にあるウェールズの家庭料理。日本でいう「みそ汁」のようなもので、家庭ごとの味があるおふくろの味です。まずラム肉のブイヨンを作ります。

カウル(Cawl)の材料(つりやすい分量)

 

ラム肉のブイヨン
ラム骨付き肉 500g
5から6リットル
A
たまねぎ(小・大きめの角切り) 1コ分
にんじん(中・ぶつ切り) 3本分
セロリ(粗みじん切り) 3本分
にんにく 3かけ
ローズマリー 3枝
タイム(生) 3枝
少々
オリーブ油 小さじ1
ラム肩肉(一口大に切る) 1キロg分
ラム肉のブイヨン 2リットル
B
西洋ねぎ(白い部分・1cm厚さの輪切り) 225g分 (日本の長ねぎ可)
じゃがいも(ざく切り) 225g分
たまねぎ(ざく切り) 225g分
セロリアック(皮をむく・1cm角に切る) 225g分(カブなどの根野菜も可)
にんじん(1cm角に切る) 225g分
ローリエ 2枚

 

 

カウル(Cawl)の作り方

 

ラム肉のブイヨン

1、ラム骨付き肉(500g)を200度に熱したオーブンで30~40分間ほど、しっかり焼き色がつくまで焼きます。

 

2、大きめの鍋にオリーブ油(小1)をひき、Aのたまねぎ(小・大きめの角切り 1コ分)・にんじん(中・ぶつ切り 3本分)・セロリ(粗みじん切り 3本分)・にんにく(3かけ)・ローズマリー(3枝)・タイム(生 3枝)を入れ中火で5分間炒めます。

 

3、焼き上がったラムの骨付き肉は余分な脂を取り除きます。(2)にラム骨付き肉、肉汁、水(5リットル)、塩(少々)を加え、2時間煮込みます。

水が少なくなったら水(およそ1リットル)を足します。

4、目の細かいザルでこします。

 

 

カウル

1、大きめの鍋にラム肩肉(一口大に切る 1キロg分)、上記のラム肉のブイヨン(2リットル)を入れ沸騰させます。そのあと弱火で1時間煮ます。

 

2、(1)にBの西洋ねぎ(白い部分・1cm厚さの輪切り 225g分 (日本の長ねぎ可))・じゃがいも(ざく切り 225g分)・たまねぎ(ざく切り 225g分)・セロリアック(皮をむく・1cm角に切る 225g分(カブなどの根野菜も可))・にんじん(1cm角に切る 225g分)・ローリエ(2枚)を入れ、さらに2時間煮ます。

 

3、一度、火から下し、ふたをして粗熱をとります。粗熱がとれたら、冷蔵庫で一晩寝かせます。

4、食べるときに、一度沸騰させ完全に火が通るまで弱火で15分間煮ます。

 

5、カウルを皿に盛り、お好みでパンとウェールズのチーズを添えると本格的。(分量外)

 

カウル(Cawl)

このページの先頭へ