さんまの梅煮

さんまの梅煮

料理名 さんまの梅煮
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
放送局 テレビ朝日
放送日 2018年10月4日(木)

 

コメント

「秋の定番メニュー」というテーマで、「さんまの梅煮」の作り方の紹介です。「さんまのクセがまったく感じられないのがお見事!焼くより煮る方が身がしっとりとするし、ごぼうとの相性も抜群で、とてもおいしいです。」と上沼恵美子さん。

さんまの梅煮の材料(2人分)

 

さんま 2尾
ごぼう 1本(100g)
しょうが(薄切り) 10g
梅干し 1個
青ねぎ(小口切り) 1本
煮汁
200ml
200ml
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ2と2/3

 

 

さんまの梅煮の作り方

1、さんま(2尾)は頭を切り落として3等分に切り、内臓を取り出し、水で洗って水気をふります。

 

2、ごぼう(1本(100g))は4cm長さに切って、縦に4等分に切ります。

 

3、フライパンにさんま、ごぼう、しょうが(薄切り 10g)、梅干し(1個)を入れ、酒(200ml)、水(200ml)、みりん(大2)、砂糖(大1)、しょうゆ(大2と2/3)を加えて落とし蓋をして火にかけ、煮立ったらアクを取り除き、中火で15分煮ます。

 

4、(3)の煮汁をかけながら煮つめ、器に盛って青ねぎ(小口切り 1本)を散らします。

 

 

このページの先頭へ