刻みきつねうどん

刻みきつねうどん

料理名 刻みきつねうどん
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2018年8月16日(木)

 

コメント

うまみたっぷりの手作り「めんつゆ」と「うどんだし」で夏野菜をおいしく食べる方法を大原千鶴さんが伝授。ここでは、「うどんだし」を使った「刻みきつねうどん」の作り方になります。暑い季節に熱い麺。京好みの、甘くないお揚げのうどんです。

刻みきつねうどんの材料(2人分)

 

ゆでうどん 2玉(360g)
油揚げ 60g
青ねぎ 2~3本
うどんだし 600~700ml
粉ざんしょう 適量

 

 

刻みきつねうどんの作り方

1.油揚げ(60g)は1cm幅の短冊形に切り、青ねぎ(2~3本)は1cm幅の斜め切りにします。

ゆでうどん(2玉(360g))はサッと洗って水けをきります。

 

 

 

2.鍋にうどんだし(600~700ml)を入れて中火にかけます。

沸いたらゆでうどんを入れ、再び沸いたら油揚げを加えて2分間煮ます。

「うどんだし」=>レシピはこちら

 

3.1の青ねぎを入れて火を止めます。

器に盛り、粉ざんしょう(適量)をふります。

このページの先頭へ