たけのこご飯

スポンサーリンク

たけのこご飯

たけのこご飯

料理名 たけのこご飯
番組名 新チューボーですよ!
料理人 堺正章
ゲスト 中村靖日
放送局 TBS
放送日 2016年4月16日(土)

 

この時期ならでは!

新チューボーですよ!では、中村靖日さんをゲストに迎えて、旬のタケノコを使って「たけのこご飯」を作っていました。下茹でしたタケノコと合わせだしを土鍋を使って丁寧に炊き上げた、贅沢なこの時期ならではの「たけのこご飯」になります。

スポンサーリンク

たけのこご飯の材料

 

たけのこ 小4本(600g)
油揚げ 45g
(合わせだし)
1350cc
鰹節 60g
昆布 15g
鰹昆布だし 1000cc
薄口醤油 大さじ2
濃口醤油 大さじ2
小さじ1
(仕上げ)
600g
合わせだし 800cc
木の芽 適量

 

 

たけのこご飯の作り方

1.たけのこの下ごしらえ。たけのこ(小4本(600g))の先端を斜めに切り落とし、縦に切り込みを入れる。糠と鷹の爪とともに水から煮る(根元の部分にスッと竹串が入るまで)。糠を洗い流したら、たけのこの皮を剥き、残った皮を箸でこそげ落とす。

たけのこの根元はスライスして細切り、穂先は細めの輪切り、中央は縦八等分にする。

-

たけのこご飯2.合わせだしを作る。昆布(15g)を漬けた水(1350cc)を温め、沸騰直前で昆布を取り出す。

鰹節(60g)を加え、アクを取りながら約2分煮だし、沈んだら、漉す。

薄口醤油(大2)、濃口醤油(大2)、塩(小1)を加える。

-

たけのこご飯3.仕上げる。土鍋に米(600g)・2の合わせだし(800cc)・細切りのたけのこ・みじん切りの油揚げ(45g)を加え、強火で沸かす(約5分)。

しっかりと沸いたら、中火に落とし吹きこぼしながら炊く(約5分)。

水分がしっかりと飛んだのを確認したら、大きめに切った たけのこを並べ、弱火で炊く(約5分)。

-

たけのこご飯4.5分経ったらフタを開け、みじん切りの木の芽(適量)を散らして、たけのこご飯の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

たけのこの人気レシピ

第1位

破竹の下茹でと保存法

破竹の下茹でと保存法

破竹はアク抜きの必要なく調理できますが、そのまま保存すると鮮度が落ちるので、保存用に水煮又は糠を加えた湯で下茹ですると冷蔵庫で数日間保存可能です。

第2位

細竹の子の下処理と保存法

細竹の子の下処理と保存法

笹竹、細筍、根曲がり竹とも呼ばれる細竹の子、新鮮なうちに調理が一番。沢山入手したら新鮮なうちに下茹でして保存がオススメです。

第3位

たけのこ冷凍保存方法

たけのこ冷凍保存方法

長期保存でき、いつでもおいしい筍が食べられます。 超便利!!

第4位

覚えちゃえば毎年作れる!淡竹(はちく)の煮物

覚えちゃえば毎年作れる!淡竹(はちく)の煮物

淡竹の煮物は美味しくて箸がとまりません(´~`)

このページの先頭へ