いわしの塩焼きポルトガル風

いわしの塩焼きポルトガル風

料理名 いわしの塩焼きポルトガル風
番組名 NHKきょうの料理
料理人 高山なおみ
放送局 NHK
放送日 2018年7月18日(水)

 

コメント

ポルトガルの料理をヒントに考えた“夏”ごはんを披露。ここでは、「いわしの塩焼きポルトガル風」の作り方になります。日本でもおなじみのいわしの塩焼きですが、添えるのは大根おろしではなく、じゃがいもやゆで卵、レモンを全体にキュッと搾って、オリーブ油をかけながらいただきます。いつも食べている味なのになんだか新鮮!

いわしの塩焼きポルトガル風の材料(2人分)

 

いわし 4匹
1個
レモン 1/2コ
粗塩 適量
エクストラバージンオリーブ油 適量
●オリーブ油
じゃがいいももちの生地 6枚分(約200g)

 

 

いわしの塩焼きポルトガル風の作り方

1.いわし(4匹)はウロコが残っていれば流水の下でこすり落とします。

頭とワタを取り除き、サッと洗って水けを拭き取ります。

両面に粗塩(適量)をふります。

 

 

 

2.フライパンにオリーブ油小さじ2を強火で熱し、熱くなったらいわしを並べ入れ、すぐにふたをして蒸し焼きにします。

1~2分間、触らずに香ばしい焼き色がつくまで放っておきます。

 

 

 

3.片面に焼き色がついたら裏返し、再びふたをして、弱火でさらに蒸し焼きにして中まで火を通します。

 

 

 

4.付け合わせを作ります。

じゃがいいももちの生地 6枚分(約200g)をつくって焼きます。

卵(1個)は好みの固さにゆでて、4等分のくし形に切ります。

レモン(1/2コ)はくし形にし、横半分に切ります。

「じゃがいいももち」=>作り方はこちら

 

5.皿に、じゃがいももち、ゆで卵といわしを盛り、レモンを添えます。レモンを搾って、エクストラバージンオリーブ油(適量)をかけながら食べます。好みで黒こしょう(粗びき)適量(分量外)をふっても。

このページの先頭へ