ブリしゃぶのゆずこしょうダレ

ブリしゃぶのゆずこしょうダレ

料理名 ブリしゃぶのゆずこしょうダレ
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2018年9月9日(日)

 

コメント

「余りがちな調味料を一気に使っちゃうシリーズ第1弾」ということで、絶品レシピ3品を紹介。ここでは、たっぷりのゆずこしょうを使った「ブリしゃぶのゆずこしょうダレ」の作り方になります。とろみのあるピリ辛ダレをつけながらいただく後引く辛さがやみつきのぶりしゃぶレシピです。

ブリしゃぶのゆずこしょうダレの材料(2人分)

 

ブリ(刺身用) 2人前
絹豆腐 1/2丁
セリ 1/2束
生きくらげ 適量
かいわれ大根 適量
だし昆布 5㎝
タレ
ゆずこしょう 大さじ1
大さじ1
みりん 大さじ1
かつおだし 400㏄
薄口しょうゆ 大さじ2
小さじ1/2
長ねぎ 5㎝
a
片栗粉、水 各大さじ1

 

 

ブリしゃぶのゆずこしょうダレの作り方

1、絹豆腐(1/2丁)、生きくらげ(適量)は食べやすく切ります。

かいわれ大根(適量)、セリ(1/2束)は根元を落として8㎝長さに切ります。

ブリ(刺身用 2人前)は水気を拭きそぎ切りにします。

2、つけだれを作ります。

長ねぎ(5㎝)はみじん切りにします。

鍋にかつおだし(400㏄)、薄口しょうゆ(大2)、酒(大1)、みりん(大1)、塩(小1/2)を入れて中火にかけ、アルコール分が飛んだらゆずこしょう(大1)を加えて混ぜます。

フツフツしてきたら、よく混ぜたaの片栗粉、水(各大さじ1)を加えて素早く混ぜ、とろみがつくまで少し煮詰めます。

取り皿に入れて長ネギを加えます。

3、大きめの鍋に水(適量)、だし昆布(5㎝)を入れて強火にかけます。

フツフツしてきたら昆布を取り出します。

4、豆腐、生きくらげ、セリ、かいわれ大根を鍋に入れ、ブリをしゃぶしゃぶして、②につけながら食べます。

 

 

ゆずの人気レシピ

第1位

1時間で食べられる 京都漬物屋さんの 柚子大根

1時間で食べられる 京都漬物屋さんの 柚子大根

1時間で食べられる様にアレンジした 京都の漬物、柚子大根です♪ 美味しくって、お箸が止まらないので いっぱい作って下さいね♪ おせち料理の隙間埋めにもどうぞ

第2位

初めてでも簡単♪皮ごとゆず茶

初めてでも簡単♪皮ごとゆず茶

「少し柔らかめかな?」と思っても、冷蔵庫で冷やすと固さが出ます。 パンに塗ったり、ヨーグルトに加えてもおいしいですよ♪

第3位

色々使える〜柚子ジャム♪ゆず茶にも〜( ^ω^ )

色々使える〜柚子ジャム♪ゆず茶にも〜( ^ω^ )

ゆずの香りでホッとできちゃいます〜( ^ω^ ) ゆず茶はもちろん、ヨーグルトにのせたり〜 トーストにのせて召し上がって下さいねっ♪

第4位

苦くない!!美味しいゆずジャム

苦くない!!美味しいゆずジャム

苦みのない、甘酸っぱいおいしいゆずジャムです。

このページの先頭へ