冷やしどて焼き

冷やしどて焼き

料理名 冷やしどて焼き
番組名 NHKきょうの料理
料理人 松尾慎太郎
放送局 NHK
放送日 2018年7月25日(水)

 

コメント

47都道府県の新しい郷土料理をプロデュースするシリーズ。今回は大阪府。ここでは、「冷やしどて焼き」の作り方になります。大阪名物「どて焼き」に、トマトで酸味を加えた夏バージョン。牛すじ肉のコクを生かしながら西京みそで上品にまとめました。温かいものとは違うおいしさが新鮮です。

冷やしどて焼きの材料(4人分)

 

牛すじ肉 250g
こんにゃく 160g
厚揚げ 150g
ミニトマト 10コ
A
牛すじ肉のゆで汁 カップ1と1/2
カップ1
西京みそ 100g
豆板醤 20g
青ねぎ(小口切り) 適量
一味とうがらし 適量

 

 

冷やしどて焼きの作り方

1.牛すじ肉(250g)は一口大に切って鍋に入れ、たっぷりの水を加えます。

強火にかけ、アクが出てきたら火を止め、ざるにあける。アクが出なくなるまでくり返します。

 

 

 

2.1の鍋にすじ肉とたっぷりの水を入れ、強火にかけます。

沸いたら火を弱め、1~2時間ゆでます。

 

 

 

3.こんにゃく(160g)はスプーンで一口大にちぎります。厚揚げ(150g)は一口大に切ります。

ミニトマト(10コ)はヘタを取ります。

 

 

 

4.2のすじ肉が柔らかくなったらボウルに重ねたざるにあけます。ゆで汁カップ1と1/2をとっておきます。

Aの牛すじ肉のゆで汁(カップ1と1/2)・酒(カップ1)・西京みそ(100g)・豆板醤(20g)を鍋に混ぜ合わせ、すじ肉、こんにゃく、厚揚げを加えて強火にかけ、沸いたら火を弱めます。

50分間煮たらミニトマトを加え、10分間煮て火を止めます。

そのままおいて粗熱を取り、保存容器に移して冷蔵庫で一晩冷やします。

 

 

 

5.冷蔵庫から取り出して器に盛り、青ねぎ(小口切り 適量)をのせて一味とうがらし(適量)をふります。

このページの先頭へ