大学いも

スポンサーリンク

大学いも

料理名 大学いも
番組名 NHKきょうの料理
料理人 中東久人
放送局 NHK
放送日 2016年9月20日(火)

 

ほっくりおいしい

京料理人のかんたん!和食塾ということで、秋の代表的な野菜、里芋とかぼちゃ、さつまいもを使った料理3品を紹介していました。ここでは、「大学いも」の作り方になります。皮付きのまま蒸したさつまいもはふっくらとして甘みが増します。グラニュー糖のサラリとしたみつで甘みを楽しみ、飽きずに食べられます。

スポンサーリンク

大学いもの材料(2人分)

 

さつまいも 160g
A
グラニュー糖 大さじ2と1/2
大さじ1と1/3
黒ごま 少々
●ごま油(白)・塩

 

 

大学いもの作り方

1.さつまいも(160g)は蒸気の上がった蒸し器に入れ、20分間ほど蒸します。さつまいもが柔らかくなったら取り出し、2cm厚さの輪切りにします。

※皮付きのまま蒸して甘みと風味を生かす

2.ボウルにAのグラニュー糖(大2と1/2)、水(大1と1/3)を入れ、よく混ぜあわせてみつを作ります。

3.フライパンに、ごま油(小1)を強火で熱し、1のさつまいもの表面をこんがりと焼き付けます。

※少量の油で焼いて風味を生かす

4.3のフライパンに2のみつを流し入れ、さつまいもにからめます。みつが少しあめ色になってきたら火を止めて黒ごま(少々)と塩(少々)をふって取り出し、オーブン用の紙に並べて粗熱を取ります。

大学いも

※さっぱり味のグラニュー糖で、さつまいもの甘みを楽しむ。

5.器に盛り、大学いもの完成。

大学いも


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ