春野菜の甘酢漬け

スポンサーリンク

春野菜の甘酢漬け

春野菜の甘酢漬け

料理名 春野菜の甘酢漬け
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2016年4月21日(木)

 

お弁当のおかずにも便利

【大原千鶴の季節のやさしい手仕事】というテーマで、浅漬けと甘酢漬けの2品を紹介。ここでは、「春野菜の甘酢漬け」の作り方になります。新たまねぎ、みょうがなど味の濃い野菜は「甘酢漬け」にするのがおすすめ。まろやかな酸味が野菜の味わいを引き立てます。お弁当のおかずにも便利です。

スポンサーリンク

春野菜の甘酢漬けの材料(つくりやすい分量)

 

甘酢
砂糖・米酢 各大さじ4
小さじ1
パプリカの甘酢漬け
パプリカ(赤・黄) 各1コ
甘酢 大さじ2
新たまねぎと大根の甘酢漬け
新たまねぎ (小)1コ(200g)
大根 230g
甘酢 大さじ4
赤とうがらし(小口切り) 少々
●ごま油
れんこんの甘酢漬け
れんこん 1/2節(150g)
甘酢 大さじ2
たけのこの甘酢漬け
ゆでたけのこ 150g
甘酢 大さじ2
溶きがらし 小さじ1/2
みょうがの甘酢漬け
みょうが 3コ
甘酢 大さじ2

 

 

春野菜の甘酢漬けの作り方

春野菜の甘酢漬け1.野菜の下ごしらえ

●パプリカ(赤・黄 各1コ)は直火対応のトングではさみ、直火で時々返しながら、皮が真っ黒になるまで焼く。水にとり、手早く皮をむく。水けをきってヘタと種を取り、食べやすい大きさにきる(直火で皮が真っ黒になるまで焼いて甘みを引き出す)。

●新たまねぎと大根のたまねぎ((小)1コ(200g))は皮をむいてくし形に切る。フライパンにごま油(小2)を中火で熱し、たまねぎを並べ入れる。ふたをして弱火にし、時々焼く面を返して約5分間加熱する(焼いて甘みを引き出す)。

●大根(230g)は皮をむいて乱切りにし、熱湯で約10分間ゆでてざるに上げ、水けをきる。

●れんこん(1/2節(150g))は皮をむいて縦半分に切り、5mm厚さに切る。熱湯で約3分間ゆでてざるに上げ、水けをきる(熱いうちに甘酢と合わせる)。

●ゆでたけのこ(150g)は食べやすい大きさに切る。

●みょうが(3コ)は丸のまま熱湯で約1分間ゆで、ざるに上げて水けをきる。

-

2.甘酢つくる。ボウルに甘酢の砂糖(大4)・米酢(大4)、塩(小1)を入れて混ぜ合わせる。

※冷蔵庫で約1か月間保存可能。

-

春野菜の甘酢漬け3.漬ける。下ごしらえした野菜を保存容器に入れ、甘酢を加えて混ぜ合わせる。冷蔵庫で約30分間以上おく。

●パプリカの甘酢漬け

パプリカ(赤・黄) 各1コ
甘酢 大さじ2

●新たまねぎと大根の甘酢漬け

新たまねぎ (小)1コ(200g)
大根 230g
甘酢 大さじ4
赤とうがらし(小口切り) 少々

●れんこんの甘酢漬け

れんこん 1/2節(150g)
甘酢 大さじ2

●たけのこの甘酢漬け

ゆでたけのこ 150g
甘酢 大さじ2
溶きがらし 小さじ1/2

●みょうがの甘酢漬け

みょうが 3コ
甘酢 大さじ2

※冷蔵庫で約2週間保存可能。

-

春野菜の甘酢漬け4.器に盛り、春野菜の甘酢漬けの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

春野菜の人気レシピ

第1位

鮭のホイル焼き☆新玉ねぎとしめじ入り

鮭のホイル焼き☆新玉ねぎとしめじ入り

オーブントースターで簡単に焼きました♪味噌マヨが美味しいでした。

第2位

絶品チョレギサラダ☆我が家は焼肉屋さん

絶品チョレギサラダ☆我が家は焼肉屋さん

まさに焼肉屋さんの味♪ドレッシングが美味しくて、レタス丸々食べれちゃいます!食べ過ぎに注意♪1歳8カ月の娘もお気に入り♪

第3位

超簡単☆生姜焼き

超簡単☆生姜焼き

【定番】 定食屋さんにありそうな生姜焼き\(^▽^)/漬け置き不要!ザツに炒めて、たれとからめるだけ!生姜の濃さもちょうどいい、ご飯が進む生姜焼きです。。

第4位

レタス☆塩レモンサラダ

レタス☆塩レモンサラダ

山盛りのレタスを一気に消費したいので~ モミモミするとカサが減り味も染み込み頂けます。

このページの先頭へ