おはぎ

スポンサーリンク

おはぎ

料理名 おはぎ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 土井善晴
放送局 NHK
放送日 2015年8月31日(月)

 

粒あんを巻いて手作りのおはぎ

【土井善晴 食卓二十四節気】シリーズから、「おはぎ」の作り方の紹介です。難しそうに思われるおはぎですが、じつは簡単!ぜひ、手作りのおはぎで秋を感じましょう。

スポンサーリンク

おはぎの材料(作りやすい量)

 

(粒あん)
小豆(乾) 300g
砂糖 300g
もち米 カップ1
カップ2
きなこ 適量
青のり粉 適量
黒ごま 適量

 

 

おはぎの作り方

 

粒あんをつくる

 

1.小豆(乾 300g)は洗って鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて中火にかける。

-

2.煮立ってきて、湯が小豆の色で染まったら火から下ろし、鍋ごと流水をかけながら冷ます。

※急激に冷やすと豆が堅くなります。巻きすを通し、流水を穏やかに注いでゆでこぼしましょう。

-

3.2の水けをきって再び鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて火にかける。静かに煮立つほどの火加減に調節し、約50分間ゆでる。

※常にゆで汁がかぶるように、適宜熱湯を加えます。

-

おはぎ4.湯がヒタヒタになり、指で豆がつぶれるくらいに柔らかくなったら、分量の砂糖(300g)を2回に分けて加え、よくなじませる。

※砂糖を加えたあとは豆が柔らかくなりません。加える前に、食べてみて確かめましょう。

-

5.そのまま弱火で煮詰め、木じゃくしで混ぜた跡が寝べ底に残るくらいになったら、火を止める。木じゃくしですくって清潔な杉板などにとり、固く絞った布巾をかけて冷ます。

※あんこは冷める間にも堅くなるので、柔らかめで火をとめます。

-
おはぎに仕立てる

 

6.小豆を煮る間に、もち米(カップ1)と米(カップ2)を合わせて洗い、ざるに上げて40~50分間おく。カップで体積を量り、同量の水を加えて炊く。

●1コ分のご飯30~35gとして、合計25~30コできる。

-

おはぎ7.すり鉢に移し、すりこ木で半づき(米粒が半分つぶれる程度)にする。

-

8.25~30等分にして丸め、固く絞った布巾をかぶせておく。

ご飯の大きさはお好みで。固く絞ったさらしの布巾にとって丸めるか、アイスクリーム用のディッシャーを水でぬらしながら使うとスムーズです。

-

9.5の粒あんも8と同じ数に分けて丸める。

-

おはぎ10.固く絞ったさらしの布巾を手に広げ、9をひとつとって平らにつぶす。8をのせ、上下を返してあんをかぶせるようにして包み込む。

-

おはぎ器に盛り、おはぎの完成。

アレンジレシピ

おはぎ

粒あんを芯にし周りからくるむようにして包み、きな粉や青のり粉(適量)、黒ごま(適量)をまぶす(出来あがり写真:右側)。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

おはぎの人気レシピ

第1位

基本のおはぎ・ぼたもち(小豆・もち米の炊き方)

基本のおはぎ・ぼたもち(小豆・もち米の炊き方)

炊飯器でもち米を炊いて作るおはぎです。家庭で作った手作りあんのお味はまた格別です。あんの甘さを好みに調整できるのもいいですね♪

第2位

もち米100%でも冷めても柔らか♪簡単おはぎ

もち米100%でも冷めても柔らか♪簡単おはぎ

もち米100%のあんこたっぷりおはぎです。冷めても柔らかいので、美味しさそのまま!炊飯器で簡単に作れます。

第3位

冷めてもやわらか♪3色おはぎ

冷めてもやわらか♪3色おはぎ

市販のは少し甘いのが多いので手作りしてます。あんもレシピ参考にしてね~。ご飯に砂糖を入れることで冷めてもやわらかいです。

第4位

基本のおはぎ

基本のおはぎ

あんこの甘さが決めてです。 お好みの甘さに調節してください。

このページの先頭へ