チャーハン

スポンサーリンク

チャーハン

チャーハン

料理名 チャーハン
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年7月23日(土)

 

パラパラなのにしっとり!

おかずのクッキングで土井善晴さんが、定番の料理「チャーハン」の作り方を紹介していました。ご飯になじむように細かく刻んだ焼き豚と今回は枝豆を加えて、パラパラなのにしっとりとしたチャーハンに仕上げます。弱火から中火で、じっくり焼き無理にほぐそうとしないことがパラパラチャーハンのポイント!枝豆のほかにも季節の野菜などを加えてもいいです。

スポンサーリンク

チャーハンの材料(2人分)

 

冷やごはん 300g
2個
焼豚 40g
枝豆(さやつき) 100g(正味60g)
長ねぎ 1/2本
サラダ油 大さじ2
小さじ1/2
醤油 小さじ1
ごま油 小さじ1

 

 

チャーハンの作り方

●下ごしらえ。卵(2個)は溶いておく。焼豚(40g)はみじん切りにし、枝豆(さやつき 100g(正味60g))は茹でて、さやから出す。長ねぎ(1/2本)は粗みじん切りにする。

※今回は、基本の具材に枝豆を加えました。このように季節の野菜などを加えてもいいです。

-

チャーハン1.中華鍋にサラダ油(大2)を熱し、煙がうっすらと出れば、溶き卵を一気に入れ、すぐに冷やごはん(300g)を加えて返して、卵を上にする。

※ごはんは表面の熱くなったところから自然にほぐれるもの。無理にほぐそうとしないこと。

-

2.卵を切るように混ぜてごはんを崩し、中火で鍋全体に大きく広げて焼き、ごはんに焼き目がついたら返すを何度か繰り返し、塩(小1/2)をふって味を調える。

-

チャーハン3.焼豚を加えて焼き炒め、ついで枝豆を加える。さらに丁寧に一粒一粒焼くようなつもりで焼き炒める。

-

4.ねぎを加えて鍋をあおって混ぜ、鍋肌から醤油(小1)、ついでごま油(小1)を加えて風味をつける。

最後に湯大さじ2(分量外)を鍋肌から回し入れて、蒸気で蒸らしてふんわりさせて、口当たりをよくする。

-

チャーハン5.器に盛り、チャーハンの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

チャーハンの人気レシピ

第1位

お家にあるもので【らーめん屋さんのチャーハン】

お家にあるもので【らーめん屋さんのチャーハン】

あのラーメン屋さんの炒飯に近い味を、 自宅にある材料で試み!

第2位

昔ながらの「焼きめし」

昔ながらの「焼きめし」

休日のお昼ご飯に、母がよく作ってくれた懐かしい味。 チャーハンではなく、“焼きめし”なんです^^ 母から、味の決め手を聞いて再現してみました。

第3位

シンプルが1番☆簡単チャーハン

シンプルが1番☆簡単チャーハン

たくさんの方に作ってもらえて嬉しいです*✧ヾ(o´∀`ありがとう´∀`o) お家にある物で簡単&すぐに出来ちゃいます♪ オイスターソースがいい味出してます☆

第4位

簡単!パラパラ!玉ねぎチャーハン

簡単!パラパラ!玉ねぎチャーハン

お昼に簡単にできる、玉ねぎチャーハンです 材料も少ないので、準備もらくらく!チャーハンをパラパラにできるコツあり☆ シンプルで、とても美味しいチャーハンです^^

このページの先頭へ