ガパオライス

スポンサーリンク

ガパオライス

ガパオライス

料理名 ガパオライス
番組名 きょうの料理
料理人 谷原章介
放送局 NHK
放送日 2015年6月25日(木)

 

エスニックな屋台めし「ガパオライス」

【谷原章介のザ・男の食彩】のシリーズでは、今回、エスニックな屋台めし「ガパオライス」を作っていました。オイスターソースなどの調味料の旨みと、香辛料の辛み、ガパオの香りを楽しめるワンプレート料理「ガパオライス」。とろける目玉焼きをくずしながらからめていただきます。サッと作れる簡単スピードメニュー。シソ科のハーブ「ガパオ」がなければ、香りは少し異なりますが、スイートバジルの葉で代用するとよいようです。

スポンサーリンク

ガパオライスの材料(2人分)

 

鶏もも肉 300g
2コ
ガパオ 適量
たまねぎ 15g
さやいんげん 15g
ピーマン 1/4コ(15g)
赤ピーマン 1/4コ(15g)
にんにく 15g
プリッキーヌ(赤とうがらし 可) (生)3~5本
鶏油 (またはサラダ油)大さじ2
チキンスープ 40ml
A
ナムプラー 大さじ1弱
オイスターソース 20g
シーユーダム 小さじ1/2
シーズニングソース 小さじ2弱
グラニュー糖 小さじ1+1/2
ジャスミンライス (温かいもの/またはご飯)400g
サラダ油 適量
揚げ油 適量

 

 

ガパオライスの作り方

 

《トッピングをつくる》

ガパオライス

1、フライパンに多めのサラダ油(適量)を高温に熱して卵(2コ)を1コずつ割り入れる。油をかけながら30秒間ほど火を通し、半熟状の目玉焼きをつくる。

※ガパオに添える目玉焼きは、多めの油で揚げ焼きにするのが定番。

 

-

2、フライパンに揚げ油(適量)を高温に熱し、ガパオ(適量)をひとつかみ入れる。10秒間ほど素揚げしてすぐに引き上げる。

●ガパオは、なければ香りは少し異なるが、スイートバジルの葉で代用するとよい。

-

 

《下ごしらえをする》

 

3、鶏もも肉(300g)を一口大に切り、包丁でたたいて粗めのミンチ状にする。

 

-

4、たまねぎ(15g)は薄切り、さやいんげん(15g )はヘタと筋を取って1cm幅の斜め切り、ピーマン(1/4コ(15g))と赤ピーマン(1/4コ(15g))は種とヘタを取って細切り、にんにく(15g )はみじん切り、プリッキーヌ(赤とうがらし 可 (生)3~5本)は小口切りにする。

●プリッキーヌがなければ、赤とうがらし(乾燥)を軽く水洗いして代用可能

-

 

《炒める》

 

5、フライパンに鶏油((またはサラダ油)大2)を強火で熱し、にんにくとプリッキーヌを入れる。香りがたつまで20秒間ほど炒める。

●鶏油とは、鶏皮を弱火でじっくり熱して出てきた脂。料理にコクが出る。

-

6、3の鶏肉を加えて軽く炒める。

 

-

7、肉の色が変わったら、顆粒チキンスープ(40ml)の素(中国風)を表示どおりに溶いたチキンスープを加える。

Aを上から順に

ナムプラー 大さじ1弱
オイスターソース 20g
シーユーダム 小さじ1/2
シーズニングソース 小さじ2弱
グラニュー糖 小さじ1+1/2

を加えて炒め合わせ、肉にしっかり味をつける。

●シーユーダムとは、大豆や砂糖などからつくられる、トロッとしたタイの甘口しょうゆ。別名ブラックソイソース。なければ加えなくてもよい。

●シーズニングソースとは、大豆を主原料とする、うまみとコクのあるソース。なければ、オイスターソースを30gにする。

-

ガパオライス8、たまねぎ、さやいんげん、ピーマン、赤ピーマンを加え、45秒間ほどざっと炒める。

※野菜は食感が残る程度に火を通す。

 

-

9、ガパオ20gを加え 、15秒間ほど火を通す。

※ガパオは、火入れ15秒で香りをいかす

-

ガパオライス10、器にジャスミンライス((温かいもの/またはご飯)400g)を盛り、1の目玉焼きをのせる。9を添え、2の素揚げしたガパオを散らして、ガパオライスの完成。くずした目玉焼きをからめながら食べる。

●ジャスミンライスとは、タイで食べられているインディカ米の一種。香りがよく、粘りが少ない。

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ