さば缶のさっぱり南蛮

スポンサーリンク

さば缶のさっぱり南蛮

さば缶のさっぱり南蛮

料理名 さば缶のさっぱり南蛮
番組名 きょうの料理
料理人 斉藤 辰夫
放送局 NHK
放送日 2016年6月8日(水)

 

手軽なさば缶を使って

【定番おかずに青じそ・みょうがプラス!】というテーマで、魚介を使った料理3品を紹介。ここでは、「さば缶のさっぱり南蛮」の作り方になります。手軽なさば缶を使って青じそとみょうがの切り方を変えて、見た目や食感の違いを楽しむ一品に仕上げました。酸味と赤唐辛子の辛みが絶妙な味わいです。

スポンサーリンク

さば缶のさっぱり南蛮の材料(2人分)

 

青じそ 1ワ(約10枚)
みょうが 3コ
さばの水煮 (缶詰)1缶(160g)
厚揚げ (小)1枚(130g)
赤とうがらし (ヘタと種を除く)1本
(A)
カップ1/2
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
大さじ1

 

 

さば缶のさっぱり南蛮の作り方

1、青じそ(1ワ(約10枚))は重ねて丸め、2~3mm幅の細切りにする。みょうが(3コ)は縦半分に切ってから、斜め半分に切る。厚揚げ((小)1枚(130g))は6等分に切る。

※みょうがは縦半分のあと、斜め半分に切って食感&食べやすさアップ!

-

さば缶のさっぱり南蛮2、鍋に缶汁ごとさばを入れ、Aの水(カップ1/2)、砂糖(大1)、みりん(大1)、しょうゆ(大1)、酢(大1)、半分にちぎった赤とうがらし((ヘタと種を除く)1本)を加えて火にかける。

煮立ったら1の厚揚げを加える。オーブン用の紙の中央に穴をあけたもので落としぶたをし、弱めの中火で3分間煮る。

※酢が入っているので、アルミ箔の落としぶたを使うと変色してしまうので注意。

-

さば缶のさっぱり南蛮3、2にみょうがを加えてさらに2分間煮る。

※3~4分間ほど冷ますと、みょうがの色がきれいになる。

-

さば缶のさっぱり南蛮4、器に盛り、1の青じそをのせて、さば缶のさっぱり南蛮の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

さばの人気レシピ

第1位

和食の定番のさばの味噌煮

和食の定番のさばの味噌煮

ほかの青魚に比べてサバのDHAは、群を抜いてたっぷり含まれていると言われています。 そのサバを使って味噌煮にしました。

第2位

庶民の塩サバを「高級料亭風」にする焼き方

庶民の塩サバを「高級料亭風」にする焼き方

そのままでも美味しい塩サバをさらにグレードアップさせる焼き方です。庶民的な材料を工夫次第で高級にというのが料理の醍醐味。

第3位

塩サバのさっぱり☆ぽん酢焼き

塩サバのさっぱり☆ぽん酢焼き

ぽん酢醤油とごま油で、さっぱり&香ばしい サバ焼き^m^♪ 簡単で美味しい☆

第4位

ご飯食べ過ぎるかも・・!?サバの甘辛煮付け♪

ご飯食べ過ぎるかも・・!?サバの甘辛煮付け♪

煮汁がとろ~とするまで煮込むと、サバに味が良く染みておいしいです。ご飯のおかずにもってこいかもです。

このページの先頭へ